金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

2010.10.21 第255回(第15条)経営者モーニングセミナー

次回 第256回経営者モーニングセミナーの御案内
 日 時;10月28日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:第28回アテネオリンピックウェイトリフティング競技日本代表監督
      石川県立津幡高等学校 教頭
      菊田 三代治 様
 テーマ:「ウエイトリフティングに賭ける夢」第二ステージ

2010.10.21 第255回(第15条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
  Pay it Foward 代表
     松永 薫歩 様
テーマ:「すべてはうまくいっている」

会長挨拶 西川 寛会長
f0042690_21193495.jpg


会員スピーチ イコール11 赤土 俊介幹事
f0042690_21205261.jpg


講話者紹介
中小企業経営のガッツ 飯山 晄朗相談役
f0042690_21224589.jpg


本日の講話テーマ「すべてはうまくいっている」
講話者は、Pay it Foward 代表 永松 薫歩(かほ)様におこし頂きました。

松永様はアイリストとしてまつげエクステンションという美容の世界でも
ご活躍されておりますが、今回は女性をDVから救うペイイットフォワードの
代表者として、実はご自身がDV被害者であったという過去の実体験を元に、
DVの実態や起業に至った貴重なお話を聞かせていただきました。
f0042690_2124592.jpg


14年前は、近所から幸せそうな主婦と言われました。
それは、母子揃ってお父さんを玄関まで毎日迎えに出ていたから。
しかし、現実は、絶対迎えに出てこいと強要されており、守らないと
ひどい仕打ちを受けるから・・・。
私と子供たちはDV被害者でした(業界では被害者をサバイバーという)
首を締められたことも1回や二回でなくからだにも傷跡がありました。
しかし私の4人の子供達はもっとひどい仕打ちを受けていました。
そして離婚という道を選びました。

その後、朝は新聞配達、夜はクラブのホステスで働きながら子供達を育て
ている中、心理学の先生との出会いがあり、他にも困った人たちの為に
なりたいという一心から、大阪まで心理学を学ぶ事を決心し、お金が
もったいないので、小さい車で子供達をぎゅうぎゅう詰めで通う日々が
続きました。狭い後部座席で寝る子供たちはまるで、お互い重なり合い
ながら寝るねずみのように見え、涙した事もありました。
そのような生活が数年続いた後、カウンセラーの資格もとり、
ニューヨークまでDVについて学びにも行き、講師として講話もはじめました。

そして「DVの専門家になろう!」と決意し、気が付けば全国で講演に
呼ばれるようになっていました。
しかし最初に2年間はまったく食べれず、被害者の母子を保護したり、
逃したりする費用を援助していたので、貯金がどんどん目減りして
いきました。
ある時は被害者を自宅に泊めた事もありました。
そして、7組くらいの親子を逃がしたくらいに、
【まつげ】の仕事に出会いました。
それは美容業界でも有名な方ですが、DV被害者でした。
その方からの紹介で、アイリストの神様と言われている
方と合わせて頂き、北陸で唯一の専門サロンを開くことにもなりました。

ある時、子供に手をあげてる母がいた。手には叩きアザ。
そうとは知らずにネイルしようと「手を見せて」といったら、
サッと手を引っ込める。
事情を聴いてネイルしてあげたら、叩く時に「あっ!ネイル剥がれる」
と思い、叩かなくなりました。

キレイは女性を変える“力”あるのではないかと思い、
DV被害者にも綺麗になってもらい、気分転換になってもらう事も
始めました。
f0042690_21325624.jpg

今では子供も塾へ通わしています。
決して余裕があるわけではありませんが、
一緒に歩くこと、一緒にご飯を食べることという
当たり前なことを出来ることが嬉しくてたまりません。

今まで何度も苦しくて子供と一緒に死のうと思ったことが
ありましたが、「すべてはうまくいっているよ」を家族の
合言葉に、大丈夫大丈夫と励まし合ってきました。
f0042690_21315100.jpg

「Pay it Forward」
幸せは返すのではなく、前に(他の人に)渡しましょう!

一人でも無力ではありません。
一日に3人に幸せを与えれば、たった23日で世界に行き渡る計算に
なります。 (社名は映画よりヒントを得ました)

最後に・・・

皆様にお願いです。
紫のリボンは、【歩く助けてハウス】です。
苦しんでるヒトがいたらこのリボンつけてるヒトのところまで
連れてってください。
このリボンが増えるよう、協力をお願いいたします。
特に有識者である経営者の方々はぜひ、
「パープルリボン基金」をお願いいたします。


最近は10代の若いカップルの間でもデートDVと言って、被害が出ている
そうです。
束縛も愛、嫉妬や怒りを受け止めるのは恋人として当然などの恋愛観も
根強く、DV行為に気づきにくい現状があるそうです。
今回は女性はもちろん、男性としても改めて奥様やお子さんへの
愛情表現を見直す機会になったのではないでしょうか。

永松様、貴重なお話をありがとうございました。

セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                         掲載・文: 田村錬 写真:赤土俊介
[PR]
by rinri_center | 2010-10-24 21:40