金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

2010.11.4 第257回(第17条)経営者モーニングセミナー

次回 第258回経営者モーニングセミナーの御案内
 日 時:11月11日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:マリアージュ 代表
      東京都上野倫理法人会幹事
      岡田真理 様
 テーマ:『倫理と家族と短歌と私』

*************************************************

2010.11.4 第257回(第17条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
スカイ獅子吼&パーク獅子吼 総支配人
白山市倫理法人会 幹事
紺青 美千子 様
テーマ:「日本の真ん中で愛を叫ぶ」

【会長挨拶】
f0042690_5203321.jpg

告知無しで開催したイベントの、収集状況を振り返り、何事においても、目的をもってイベントを開催することが重要だと再認識した。

【会員スピーチ】
f0042690_521712.jpg

大阪府倫理法人会の皆さん
女性委員長 姜智可子様
頼まれごとは試されごと。
「はい!喜んで」の精神。

【講和者紹介】
f0042690_5213229.jpg

白山市倫理法人会会長 北出夫妻
「会長を勉強させて頂いています」というご挨拶が印象的。
講和者は鶴来町を元気にしようと、日々頑張っていらっしゃいます、とのこと。

f0042690_522466.jpg

白山市倫理法人会 和田屋 和田智子幹事
講和者は笑顔の素敵な方。
母性愛に満ちた方。
「白山市の母」。

【講話】

スカイ獅子吼&パーク獅子吼 総支配人
白山市倫理法人会 幹事
紺清 美千子 様
『日本の真ん中で愛を叫ぶ』
f0042690_523719.jpg

高原のパンは人数分持って来れなかったので、パンフレットを持ってきました、という掴みで講話が始まりました。
赤を着ていてもアカ抜けない。
全ての始まりは愛。
命の叫びです。

富山県高岡市生まれ。
母親への尊敬の想いが今の自分をつくっている。
1日たりとも休まない、休めない性分。
「色男金と力はなかりけり」
「いつまでもあると思うな親と金」
この2つが親の教えでした。
母親がいつも、家に張り紙をしていました。
f0042690_1345448.jpg

お姉さんが産まれてすぐに亡くなり、同じ月日に自分が生まれました。
命のつながり。
洋服を人から頂き、教科書は姉のお古を使って育ちました。
「いつか、おやつにバナナやチョコレートを沢山食べれる環境になるぞ」という想い。
弟だけは大学に行かせてやりたいという思いから、自らは商業高校を選びました。
親が農協を就職先に決めて来た時に、銀行を志望していた自分は、このままではいけないと思い、自分の人生を考えるようになる。
金利の良かった時代、利息も利用して銀行に就職、スクールにも通う。
銀行に務めると、企業の裏側が見えて嫌になり、論文を書いて受賞し、退職を決意。
結婚したが、先夫の悪いクセに悩まされ、2人目の子が1才になったら家を出ようと決意。
とにかく家を出ることだけ考えた。
雪の降る2月11日、自殺も考えたが、その時、子供の声に助けられた。
「ママ、暖かい味噌汁が飲みたい。」
この子供らのために頑張ろう、と。
それから、とにかく働いて、子供を育てることのために頑張った。
スーパーには500円だけ持って買い物に行く。
おむつを買ったら、もう何も買えない、ということもあった。
今でも常にポシェットの中には500円玉を携帯し、その時の気持ちを忘れないようにしています。
32歳の時にガン(当時はガン=死)を患い、手術を数回受ける。
命の叫び、心のフルコース「(子供のために)生きたい!」
再婚した夫が、費用なども含め、全てを引き受けてくれた。
「人生を5年で取り返してやる」の言葉とともに。
そして5年後、ご主人は亡くなられました。
肋骨に転移した時、身代わりのように102歳の父方のお婆様が亡くなられる。
私は皆から命を頂いて生きている!との想いで現在に至ります。
f0042690_12593691.jpg

現在は獅子吼高原に日本一の階段を作ることが夢。
日本地図で見ると、獅子吼高原が日本の中心。
3000の神社から小石を頂いて名前を載せる。
スキーのリフトに沿って植物園を作りたい。
日本一の階段を作ることで、観光地として全国から人を呼び込みたい。
「外者の私が声を大にして叫んでいます!。地元の皆さん、この指にとまってください!。」

紺清様、貴重なお話をありがとうございました。

小生(記録者)も人生の辛い一大決心を経験しており、辛いこともいろんな経験を含めて、今の自分が存在している、ということを思いました。
過去の全ての出来事が、意味のあることなんだということを再認識させていただきました。
全ては今、そして今後の自分が成長するための試練なんですよね。
プライベートも赤裸々に語って頂いた講和者様に感銘を受けました。


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

掲載・文:北川喜隆 写真:赤土俊介
[PR]
by rinri_center | 2010-11-08 05:23