金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

2011.4.7. 第277回(第3条)経営者モーニングセミナー

次回 第278回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;4月14日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:陶芸家・空間デザイナー 
      大樋 年雄 様 
 テーマ:ソフトパワー文化

*************************************************

2011.4.7. 第277回(第3条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
講話者:九谷焼 鏑木商舗 八代当主
      鏑木 基由 様 
 テーマ:伝統工芸と未来ビジネス ワインからの挑戦
f0042690_14411982.jpg





【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_14413438.jpg

『商家の家訓』の本のなかから、家の永続のポイントが6点上げられていましたのでご紹介します。

●家の永続のポイント
1.強欲、不義、無理を排した正々堂々とした経営
2.企業の社会的責任を認識し、売り手よし、買い手よし、世間よしという三方よしの経営
3.先を読み、慎重で堅実な経営
4.用心深い経営
5.お得意様は我が旦那様という信用第一の経営
6.人は城、人は石垣、人は堀といった人材確保の経営

今日講話して頂きます鏑木商舗の鏑木基由さんは、すばらしい変化をし続けてます。たえず、古い物から新しい物への挑戦をされてます。今日の講話を聞くことが楽しみです。


【会員スピーチ】 株式会社 ファロン 太田有彦 さん
f0042690_14421137.jpg

 小幡 謙二(石川県倫理法人会普及拡大委員長)さんの紹介で入会しました。武蔵商店街の青年部長を現在し、人とのふれあいを大切に武蔵を活性することに取り組んでいます。 
人間だけが出来る会話で地域を良くしたい、と爽やかな笑顔で、熱い思いを語ってくださいました。ありがとうございました。

【講話者紹介】 有限会社タムラデザイン 代表取締役 
        石川県倫理法人会広報委員長 田村 隆 さん
f0042690_1442486.jpg

金沢で、鏑木社長は知らない人がいないほど有名な人です。
先見性を持ち、遊び人。それも、必死に遊ぶ、命がけで遊ぶ。
『文化』と『文明』一字違いですが、ここ金沢は豊富な文化があります。鏑木社長は、常に
新しいことに挑戦し、常に世界を見つめている。
伝統工芸は古いものではなく、常に新しいものに挑戦していく最先端の道を進まなければなりません。例えば、九谷焼とガラスの融合は、ワイングラスの複合。つまり、つなぎの技術です。
その伝統の商品を世界に広げようとされている金沢一の遊び人の鏑木社長の話を楽しみにしています。

【講話】 
本日の講話者は、九谷焼 鏑木商舗 八代当主 鏑木 基由 様です。


f0042690_14431842.jpg

昨日は『今 鏑木商補は何が出来るか? 』と言うテーマで
社員ミーテイングをしてました。
それを通じて改めて、社員が鏑木商舗ことを真剣に考えてるなあと思いました。

また、少し前にシンガポール、タイなど出張してきました。
以前から懇意にさせていただいているシンガポールの高島屋社長と3時間ほど話す機会がありました。

「アジアを中心にした30億人のお客様を我々シンガポールは相手にしている。」

シンガポールの人たちの意識は日本人の意識とはかけはなれていることがよくわかります。
このように私どもも世界に視点をおいて、同じプラス発想で、発信しています。
f0042690_154502.jpg


ここ数年ヨーロッパへ進出し、その結論は、

「向こうの成熟した文化を十分理解したうえで必要なことは向こうに拠点をもつこと」
でした。

何年も向こうで商売したことから、ヨーロッパの陶器の文化には
子供が生まれたら、毎年その子の誕生日に
同じシリーズの陶器を買い足して揃えていきます。
そして、結婚したときにすべて一緒にもっていくのですが
そのシリーズのものが壊れたりしたときには
同じものを一枚からでも買い足していきます。

ということはお店側としましては何十年もかけて
そのシリーズの陶器を安定して、一枚から供給できる体制がそれを必要とするヨーロッパ人の側にないといけません。その体制を整えることができて初めてヨーロッパで商売ができることがわかったのです。

そのようなヨーロッパ進出にともない、
ワインに精通する方々ともご縁ができ、恵まれた環境でワインも判るようになりました。

ワインで生まれた御縁からまた、新しい御縁をいただきました。
ロンドン在住の日本人女性2人なのですが
その二人がその年のワインを表彰するヨーロッパでも大きな会になんと「日本酒部門」を加えることに尽力した方々だったのです。

そこでその日本酒部門ができたことを契機に
新たに日本酒と杯という関係、もともとの原点に立ち返り、九谷焼や有田焼をヨーロッパに対して発信しはじめ、成果が見えはじめてきたところです。

鏑木様は
世界との商いの仕方など、いろいろお話下さいました後に、

「自分はよく講演会に行きます。そこで学んだ良い言葉を皆さんのプレゼントします。今日の話よりこの言葉を持って帰ってください。」

と、講話を終了されました。

以下に鏑木様が特に伝えたいという言葉を載せさせて頂きました。


<鏑木 基由様からのメッセージ>

金を失うことは、人生の少しを失うことである
友人を失うことは、人生のほとんどを失うことである
意欲を失うことは、人生の全てを失うことである


新しい伝統文化を世界に発信し続ける鏑木様のお話は
私たちに世界を意識する大切さを教えてくれました。

鏑木様、ありがとうございます。

モーニングセミナーのご参加をお待ちしております。






セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

              掲載・文・写真:田中喜久代・赤土俊介
[PR]
by rinri_center | 2011-04-10 15:57