金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

2006.8.31 第57回経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、中崎行雄会長。
103名の方が参加されました。
感謝!
今日は記念すべきモーニングセミナーです。
中央倫理法人会が発足して一年。そして中崎会長の任期満了。
そして加盟法人131社達成、記念100名モーニングセミナー。
もう、朝から役員の皆さんの気合いが違います。
私も今日はちょっと早起きして2番目に会場入り。
いちばんは、中崎会長本人でした。考えたら会長が一番早く来る会って、スゴい事ですよね。ホテルのロビーすら、まだ照明もつかず暗かったし。
5時15分からの役員朝礼も20人以上が集まる盛況ぶり。
ハイの練習も、会長自らやっていただきましたが、人が多くて大変でした。
今日も司会を仰せつかった私、事前に変更事項が沢山あって、バタバタ。段取りもちょっとしたミスが多く失礼しました。
会長挨拶の後は、年間の皆勤賞の発表。
全部で57回あったのですが、皆さん出席率がいい。上位20名が読み上げられ記念品を贈呈いたしました。

本日の講師は(株)かあてんや代表 中崎行雄様。
金沢中央倫理法人会会長の引退講演となりました。
私が倫理に一生懸命な理由とは、私には沢山の応援団がいます。
私を生み育ててくれた父母、祖父、祖母、そしてご先祖様。
途切れる事のない生命の繋がりが、そこにはあります。
私ひとりの後ろには、何万、何百万ものご先祖様の命がある。
私は思う。自分の子供達、娘達には幸せになって欲しい、そして世の中を美しくするために精一杯働いて欲しい、いきいきと生きて欲しい。
きっと私の祖先も、私と同じ事を思っていたと思う。
それが今の私の応援団です。
その気持ちをうまく使う。世のため人のために働く。
「+(プラス)の行動は、自分自身も活かされてゆく」
中央の会長を引き受けたときも、その気持ちがあったからやってこれたと思うのです。
私は輪廻転生はあると思っている。
昔のインディアンの酋長は200回生まれ変わった人物がなっていたと言う。何度も人としてよみがえり、徳を積んだ人が上に立つ。
将棋の名人の話の中に「負けるとわかった勝負でも、どうしたら負けが遅くなるか?その悪あがきとも言うべき抵抗、努力が次の勝負に活きてくるものなのです」という言葉がある。
人生は一度ではない、失敗もするし、落ち込みもする、でも何度でもやり直せばいい、あがいて、努力して次の勝負にチャレンジする。それが大切なのです。

時間の制限があったため講演はここで終わり。
この後は小幡専任幹事の挨拶、そして会長の娘さんから花束贈呈。そして131社達成の報告、本日の参加者103名の報告。
最後は役員が集まり記念撮影をしました。

小幡さんいわく、倫理法人会の会長には皆同じ共通点がある。
それはみんな明るい事。朝まで飲んでてもきっちりとセミナーに出て来る気持ちがある事。
まさに中崎会長は、それにピッタリの素晴らしい会長でした。
f0042690_8185653.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-08-31 23:21