金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0042690_20512117.jpg

講師は(社)倫理研究所法人局副会長 山本和彦様
昭和57年、まだ倫理にふれる前、強度のノイローゼだったが劇的に変化させた体験。
北海道戸隠に生まれがもともと病弱なたちだった事もあり、高校生のとき結核になり、健康の大切さを痛感。食べ物の好き嫌いをなくして回復。 その後、妻が通っていた「倫理の朝のつどい」に初めて出席し、この世の中には本物があると感激する。
それから100日間、山本さんは朝4時に起きて「朝のつどい」に通い続ける。 ついに家庭の問題を克服し、ノイローゼを乗り越える。 この体験後、自分のありのままの姿を出せるようになったそうです。

朝早起きして良い事
1 健康になる。
2 直感力が正常になる。
3 人間が純粋になる。正常な心とは童心(無垢)である。
全ての過去は、未来の自分にとって必要な事。たとえ暗い過去でも、それを素直に受け入れ認める事で、未来がかわってゆく。

このあと、食事会も講師の山本様を囲んで大いに賑わいました。 山本様の2006年のテーマは「ピンピンころり、絶対に寝たきりにはならない。」 人生は青天井、自分に限界を作ってはいけない。
大きな笑い声に包まれた食事会でした。 

本日の参加者32名。
伏見園の田中さん、お花をありがとうございました。
[PR]
by rinri_center | 2006-01-26 20:44

2006.1.25 幹部研修会

山本和彦副参事による、幹部研修会が行われました。
終了後、希望者数名で「寿し寅」にておいしいお魚とお寿司で食事会を行いました。
f0042690_2040452.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-01-26 20:40
f0042690_1338062.jpg

本日の講師は、株式会社ホクチン会長、山上恵一郎氏
小松の大きな絹織物問屋の御曹司として生まれ、何不自由ない少年時代を過ごすも、終戦後財産没収によって家業が廃業。家も売り払い多大な借金を抱える生活に激変する。
高校卒業後は織物で家を復興しようと、東京の繊維問屋に勤めるが、車の免許を持っていたため早くから先輩と行動を共にできて、営業について商売のコツを会得する。
その後、珍味業界に進出、同時期に創業した仲間は30社もあったが、今現在残っているのはホクチン1社。
自分は恵まれツイていたが、幸運は待っていてもダメ、こちらから向かって行かねばつかむ事は出来ない。
人は思う事によって、自分を変え、運命も変える事が出来る。
1 目標を設定する。しかも明確な目標を。
2 そして夢を描く、達成した時の自分を思い浮かべる。
3 それを人に言う、宣言する。
4 そして目標に向かって行動する。アクションを起こす。
これが、成功の条件。

あともうひとつ「固定観念を捨てる事」
私が珍味屋で成功できたのは、元が織物問屋だったので珍味業界では考えない事をやっからからだと思える。
そして社長は25年で交代するべき。

本日の参加者は44名。
[PR]
by rinri_center | 2006-01-20 10:25
f0042690_16451910.jpg

金沢白鳥路ホテルにて倫理経営塾を開催。
経営理念、ビジュン作り、事業ドメインの明確化、SWOT分析(自社の強み・弱み、外部環境からみた機会・脅威)、重点経営課題の明確化を経て、今回は経営に於ける数値の大切さを学びました。
[PR]
by rinri_center | 2006-01-14 16:45
昨年7月に設立されました。
活動内容を知っていただきたく、おくればせながらブログデビューです。

いままでの活動の一部は、兄貴分の金沢市倫理法人会ブログに掲載されております。
http://rinrikana.exblog.jp/
[PR]
by rinri_center | 2006-01-14 10:20