金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝6時より金沢白鳥路ホテルにて、第2期倫理経営塾がスタートしました。
f0042690_12273411.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-10-28 12:26
今日も役員朝礼は5時5分。
しかも役員朝礼の前にほとんどの役員が揃い、会場の準備もあらかた完了していた。
やることが早い! ぴったり5時5分から役員朝礼。参加者は20名ほど。
会長あいさつ、役員の一分間スピーチ、そして「はい」の練習。
本日の司会は東さん、朝のあいさつ塩山さん、誓いの言葉は尾川さん。
会長あいさつでは、小原会長が今週の土曜日に社員と一緒に100Kmの歩行体験に参加すると話。
とにかく、いい事と聞くと実践しなくては気が済まないらしい、すごい人です(笑)
会員スピーチは、本日、三重県の桑名市から視察にこられた桑名市倫理法人会の皆様4名の自己紹介がありました。

本日の講師は福井市倫理法人会の、(有)78パーセント 中井三知代様
バツイチをきっかけに易学に目覚め、どうやったら人の運が開けるか、その研究を続けてこられたという。
中井さんによると今年の日本は「丙戌」太陽が照り葉が茂る年。
今年の運を開くには、茂った枝を剪定し日当たりを良くする事が良いのだと言う。
自分の持ち物を整理し、いらない物、着ない服などを捨てる。
自分自身の固定した考え方、口癖を捨てる。
そうして持ち物を半分にすると、新たな自分が生まれてくるのだそうです。
今回の講演のテーマは「運を開く、食」
人は何をどう食べたかによって「運」が決まるのだという。
日本人は何を食べたら良いか?それは「伝統食」です。
親が祖先が、長年その土地で培って来た伝統的な食物、それがいちばん日本人の心と体にあっているのです。
「身土不二(しんどふじ)」 土と体を分ける事は出来ない。
その人が生まれたその土地で取れた物を食べる。
「一物全体食(いちぶつぜんたいしょく)」
大根なら根も葉もすべて食べる。魚もくふうして頭から尻尾まで食べる。
そうすることにより栄養のバランスが良くなり、生き物の命のすべてを取り入れる事が出来る。また、生ゴミを出来るだけ少なくなります。
「まごはやさしい」  豆、ごま、ワカメ、葉(野菜)、魚、しいたけ、いも、この7種類を食べる。
「発酵物」を食べる。味噌、酢、しょう油、酒などを積極的に食べる。

これらの事を心がけて実践すると、健康で正しい心を作る事が出来ます。
現代人は年間7Kgの食品添加物を食べていると言われています。
その中には防腐剤も多く含まれ、それらが体内に蓄積します。
葬儀社の人に聞くと、最近の人は死んでも腐りにくくなっているそうです。
食べ物が変わると、体が変わります、そして心も変わります。
毎日食べる物を、もう一度見直して、新しい自分を作りましょう。
本日の参加者は56名でした。
f0042690_1204597.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-10-27 01:21
今日は早起きしてしまい、ホテルに着いたのが4時40分。
ホテルのロビーも暗いし会場も真っ暗、だれもいない。
早すぎたかと、しばしロビーのソファーでぐったり(笑)
ただ、今日から役員は5時集合。いつもより15分早い。
それでも5時にはずらりと会長以下役員20名以上が揃った。
先に新田副会長から、あいさつのやり方が間違ってると指摘され、全員で基本的なあいさつの練習を行う。
続いて会長あいさつ、役員の一分間スピーチ。
これも厳密に時間を計り、一分過ぎると即終了という厳しいもの。全員朝から気合いが入りまくりです。すごいです(笑)
本日の司会は東さん、朝のあいさつは塩山さん、誓いの言葉は尾川さん。

会員スピーチではナンブ美容室の社長の話が興味深い。
今回は4店目オープンのご挨拶。今回の新店舗の土地を借りるため、なんと17回も地主さんに通ったという。最後には土下座までしてお願いし、絶対無理だと思われた好立地で新店舗をオープンする事が出来たという実体験。

本日の講師は上島接骨院院長 上嶋洋様。
白衣に着替えて登場。きりりと会場が引き締まります。
講話内容は「時代が体に表れる」
人が楽しく幸福な生活を送るのにかかせないもの、それが健康です。それでは健康ではない人とは、どういう人なのか?
不健康、さらに病気の原因は、体のゆがみ、アンバランスにあります。環境や飲食物、日常生活での姿勢、習慣、くせなどが積もり積もってねじれやゆがみを引き起こし、人体の構造的不均衡を引き起こし、機能の低下を招きます。
それがケガや病気の原因となるのです。
と、上嶋先生は幹事の塩山さんをモデルにして、テーブルに寝かせると治療を始めました。
見ている参加者は興味津々。
先生は、まるで塩山さんの体の構造がわかっているかの様に、手や足や腰を曲げたり延ばしたり。
時々「ぽきっ!」とか「ぐきっ!」とか大きな音がしています。
その度に会場が「わっ!」と笑いに包まれました。
モデルになっている塩山さんも、なにか不安そうな表情。
やがて、曲がっていた体のゆがみが直り、体のバランスが取れて、新品同様の体になったと先生からお墨付きをいただきました。
体のゆがみを直すと、心も直る。世の中で一番大切なのは自分自身です。人生を豊かに生きるため、自分の体を大切にしましょう。
本日の参加者は66名でした。
f0042690_18273044.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-10-20 10:57
本日の金沢市中央倫理法人会、第63回経営者モーニングセミナーは
倫理研究所法人局、法人スーパーバイザー角田恭恵氏でした。
f0042690_18134196.jpg

会員スピーチでは、ロイヤルパレススタジオ、オーナー鈴木 三知子さんの自己紹介がありました。
[PR]
by rinri_center | 2006-10-12 20:12

2006.10.11 幹部研修会

ITビジネスプラザ武蔵にて、倫理研究所法人局、法人スーパーバイザー角田恭恵氏による
幹部研修会が行われました。参加者15名。
研修会終了後、先生を囲んで9名で懇親会を行いました。
f0042690_1811349.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-10-11 20:13
役員朝礼は5時15分から開始。
毎回役員朝礼は大変な出席率。部屋の幅いっぱいに並ぶ。
小原会長のあいさつ、倫理とは実践する事がなによりも大切だと言われる。
持参の社内報「オハラデイリーニュース」3号を見せられた。
社員からのQ&Aで作られた1枚の新聞だが、これに書いてある事を実践するだけで大きな成果があると言う。

本日の講師は北陸大学薬学部教授 藤下 修様
本日の北國新聞にも紹介された薬の品質管理の第一人者。
f0042690_23462782.jpg

(朝刊はドンピシャリのタイミングでした。)
医薬品の細菌汚染対策や新しい品質測定法の考案に取り組んでいる。ただ家では奥様に「修ちゃん」と呼ばれているらしい。
大変明るくて、親しみやすい雰囲気の方でした。
こういっては失礼だが、とても大学教授という風には見えません。
本日のお話は「健康」がテーマ。
「体には捨てて芽の出る物が良い」
または「放っておいても芽の出るものが良い」
たとえば、玄米、豆、ごま。そしてじゃがいも、たまねぎ、大根など・・・これが本日の結論です。
と、開始5分で話のまとめを言ってしまわれました。
後はもっぱら雑談。
倫理法人会の歌を「兄弟舟」に似ていていい歌ですねぇ。とほめていただいたり。19年かかって博士号を取った事とか。
ご自身の身の上話とか、食事次第で再生しないと言われていた脳細胞が再生する話だとか・・・
あまりに楽しすぎて、あっという間に時間になってしまいました。学校では250人の生徒を前に講義をしていらっしゃる先生。
雑談は、実は参加者を話に引き込むテクニックだったのかも知れません。
本日の参加者は58名。
朝食会も大変にぎやかでした。
9月の皆勤賞11名に「炭火やきとりどっかん」のマスターよりお食事招待券を提供していただきました。ありがとうございました。
f0042690_10442590.jpg

[PR]
by rinri_center | 2006-10-06 10:44