金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日も4時半起床
5時5分より役員朝礼開始。
12月は金沢市の倫理法人会が参加者数で全国一位。
うちの金沢市中央倫理法人会は4位になったと言う。
力を抜いて自然体でやったのが良かったのか、スゴいですねぇ。

本日の講師は、全日本司厨協会石川本部常任理事 浦澄男様
「ムッシュ浦のこだわり人生」
外食産業の裏側で、品質と味を支えて来た大物シェフの人生を語っていただきました。
昭和36年、高校は東京の国士舘高校、柔道部に入部。その後、空手部に移ってそこでも活躍。
昭和42年、当時洋食ではNo1だった東京パレスホテルに入社。
厳しい中、腕を磨き実力をつける。
その後、経団連会館の立ち上げに参加、大阪万博のソ連館のシェフとなり、さらに半年間三井商船に勤務。
昭和46年、京王プラザホテルが当時最高のシェフポールミューラー氏を招聘、そのオープンにも立ち会う。
またその後、高輪プリンスホテル、サントリーレストランにも勤務。24歳で、すでに一流のシェフとなる。
当時は円山町の芸者に、良くもてたそうです。

しかしそんな生活を能登から出て来た父に怒られ、昭和49年。
金沢のメルパルクを立ち上げるために金沢に戻る。
その後、六華苑のシェフを勤める。
商品開発も手がけ「フランス風カレーソース」をカナカンで開発。ヒット商品となる。
「私の原点は格闘技、体の小さい私が勝つには力ではない、力を入れずに勝つ方法を考えて来た」と言われた。

現在の金沢の洋食は厨房がお粗末だ。設備が遅れているし、なにより器具が古い。
飲食は同じスタイルでは5年もたない。
それを克服するには、いろいろなものを見なければならない、本物の味を知らなければならない。
同じレシピ、同じ分量で作ってもなかなか同じ味にはならない。
味は体で憶えるもの。18歳から25歳までに憶えないとダメになる。
一等地でなくてもいい。2等地3等地でも工夫次第でお客様は来る。経営は経営者の心の問題です。
裏方に徹して来た、ムッシュ浦様の言葉は重みがありました。
f0042690_18294100.jpg

本日の参加者は59名。12月の皆勤賞は16名でした。
[PR]
by rinri_center | 2007-01-27 00:54
今朝も4時半起床。
5時10分前にはホテルに入り。
5時5分より役員朝礼開始。
今回は司会も、朝のあいさつも、誓いの言葉もメンバーが一新。
とても新鮮なモーニングセミナーになりました。
会長挨拶では「不二屋」の問題を取り上げられ、他人事ではない。
当たり前のことを当たり前にする、基本を守る事がどれほど大切か。
これを教えられました。

本日の講師は宇多須神社 森博様
この神社は1200年の歴史を持つ由緒正しい神社で、慶長4年に前田利家公が亡くなってからは、金沢の鬼門鎮護の神社として利家公の御霊を祀っています。
森様はこの神社の宮司さん。
本日は「拝礼の作法」として普段なにげなく行っている祭礼の意味や拝礼の作法などを教えていただいた。
まずは「玉串」の捧げ方。
参加者から3人出てもらい、それぞれにやってもらうが、どこか微妙に違う。
「榊の玉串」の持ち方、捧げ方、そして祈りをこめるやり方。
簡単な作法だが、それぞれにきちんと意味があり、神様に失礼のないようにと考え尽くされて出来た行為だと言う事がよくわかります。
続けて柏手の打ち方。手水の作法。初穂料の基準など。
参加者の皆さんは、今日来て良かったと思ったでしょう。
それくらい、目からウロコの基本知識満載のセミナーでした。

神社とは神様から「気」をいただく所。
きちんとしたお参りの仕方をすれば、より良い「気」がいただけるはず。
形は心に現れ、心は形に現れるという。
その大切な心とは「神様に感謝する心」なのです。
清々しい気持ちになれるセミナーでした。

本日の参加者は57名でした。
f0042690_2057228.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-01-19 20:58
朝6時より、ファミリーレストランのジョイフルにて役員会を実施
15名の役員が集合。
主だった議題は、2月の4回MSでの400社集客作戦。

朝の早い時刻からのお客さんの多いことに驚きました。とくに若い世代の人が目立ちました。
バイト帰りなのか、バイト前ですかね。
[PR]
by rinri_center | 2007-01-13 15:29
本日の経営者モーニングセミナーの講話者は石川県議会議員、中村 勲氏
テーマ「新しい年のむけての想い:縁と出会い・そして感謝」

昭和16年に鶴見家の3男として生まれ、小学校3年生時に両親が離婚、その後父の再婚、事業失敗で祖母と弟との生活保護暮らしが始まりました。
中学卒業とともに北陸鉄道に入社し労働運動に参加。
20歳の時中村家養子となり、森茂喜氏(森代議士の父)との出会い、子供会・青年団活動に参加。その後、昭和62年金沢市議会議員当選 3期を経て平成11年に石川県議会議員。
現在2期目を務めておられます。

中村氏曰く
「森茂喜氏」との出会いを始めいろいろな人たちとの出会いは私にとって師との出会い。社会が学校との考えである。
組合活動の中で政治が悪い。企業が悪いと他人のせいにしてきたが自ら変わらなければ何も変わらないことを多くの人達により学んだ。
中村氏の信条は、「我以外皆是師也」 「意志あれば道通ずる」

通常の進行とは別に、新年式につき国家斉唱、丸山理事長の新年の挨拶(代読)がありました。
f0042690_152993.jpg

本日の参加者は、67名でした。
[PR]
by rinri_center | 2007-01-11 15:02