金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今朝も4時半起床。
まだ暗い町並みを車で走る。
闇の中、兼六園からかすかに春の香りがする。
桜の開花も近い。
今日は小原会長が出張でお休み。代わりに新田副会長が挨拶。
能登地震のすぐ後のMSと言う事で、県の西野会長以下10名がすぐに能登方面にお見舞いに行ったと言う報告があった。
本日の講話者は倫理研究所参与 宮崎芳宏様
静岡県三島市のご出身で、やはり前に新潟県三条市のMSに行かれた事があるという。
ちょうどその時も大規模な集中豪雨で市内が水没し、大変な被害が出たときでしたが、そこの会長さんが「この苦難を福門にする」と言われた事が印象に残っていると言う。
まさにその通り。
今日は一生に二日とない幸いの日。
厄日にするか幸いの日にするか、それは己自身にある。
「気づいたときが成功の時」「気づくと同時に行う」
これが大切なのです。
MSに出席するのも同じ事。朝目が覚めるというのは「気づき」そして起きるのが「行い」目が覚めると同時に、さっと起きる。
ぐずぐずしていると「大切」なものを取り逃がしてしまう。
この我々が学んでいる「新道徳」とはなにか。
これはすぐ生活に結びつく、人間社会の原理であって、大自然の法則と一体になっているものなのです。人間ももちろん自然の一部でありますから、自然にあるものを見つめ、これを引き出してはっきりさせたものでなければならないのです。
事業も同じ事。
自分のため、家族のためと思っているだけでは会社は繁栄しない。世のため人のためと思い、自分の利益を削っててでも社会に報いようとした時に初めて事業は繁栄するものなのです。

今日は宮崎様に「打つ手は無限」の書をいただきました。
最後に全員でこれを唱和して終わりました。
それと西野会長から、中央会より石川県の法人会に300万円の災害義援金が送られたとの報告がありました。大変ありがたい事です。
本日の参加者は46名でした。
f0042690_5273741.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-03-30 05:28
今朝も4時半起床。
会場の厚生年金会館に到着したのは4時45分。
さすがに、どこも真っ暗で、皆が来るまでソファーでひと休み。
と思っていたら、当摩さんが一人で準備をしていた。
うわ〜〜!この人スゴい。心からそう思いました。
早速、私もいっしょにお手伝い。
役員朝礼は5時5分から、2週間ぶりに見る皆の笑顔。
会長挨拶で、2月のMSの参加者が日本一だった事。
平均参加社数が171.5社だったことも聞いた。
なぜ、こんなスゴい事が出来たのか?
それは
(1)まず、やると決めたから出来た。信じたから。
(2)決めた目標が良かった。当初の135社だったら日本一はなかった。
(3)皆が力を合わせて動いたから、そしてやり続けたから。
会長以下、役員はみんな、いい顔したました。
3月は、力抜いてのんびりやりましょう(笑)

本日の講師は中央の事務長さん、盤水社代表の中山貴之様。
テーマは「私の生きる道」
まず、盤水社とは何をする会社なのか。
これは就学中の子供達に職場体験をしてもらうための情報誌。
学校と職場を結ぶフリーペーパーを発行するための会社です。
ニートとかフリーターの増加する今の日本には、ピッタリの情報誌だと言えるでしょう。
もともと中山さんは富山は高岡市の出身。
サラリーマンの父親が趣味で海外の友人と文通をしていて、自分自身も中学生の時に、父親の文通相手の娘さんと文通をすることに。
その影響もあり、英語が好きになる。
ところが文通をしていると、相手の興味は日本の文化や生活にある事がわかった。それで日本の精神や文化にも興味を持つ。
大学に入学してからは英語のゼミに参加するが、そこの先生が変わっていた。
英語を教えず、昔の「修身」を丸暗記してこいとか。
文部省唱歌を全員で歌ったりとか、まるで英語とは関係のない事ばかりをゼミの学生に教えてゆく。
なぜかというと、英語を勉強するためには、まず日本人としての思想を確立しておく必要がある。まず日本人の精神論を学べ。

大学卒業後は就職に苦労したと言う。内定が決まっていたYKKからは直前になって取り消しになる。そこで今度は就職活動のためお世話になったリクルートに入社する。
ここで営業に回され、さまざまな企業のトップの方に会う事が出来た。しかしリクルートもダイエーに吸収され退職。
その後、シンコールに就職。
海外事業部が出来ると言う話で、やっとこれで念願の海外勤務が出来ると喜ぶが、なぜか能登の営業担当になる。
そのまま3年。会社の海外事業部が無くなり今度は外資系のプレデンシャル生命に入社する。ここで12年。
40歳になり、結婚して娘も出来た。
上の娘が小学校に入学する時、考えた。
人生の残りの20年をどう生きるか?
子供達の心を支える仕事をしたい。
汗水流して一生懸命働いている素晴らしい大人の姿を見せてやりたい。
職場教育と道徳教育とは同じものである。
そしていい職場を子供達に見せて、勉強するための目標にさせたい。
そう思ったのです。
仕事とは、職場の仲間が価値観を共有する事。
いろんな人が自らの役割分担をきっちりこなし、繋げてゆく事で世界は成り立っている。いろんな価値観がある。
それを教えるための情報誌を作ろう。
現在4月創刊を目指して編集中です。
フリーペーパーの名前は「桜ノート」と言います。

中山さんの語り口は、淡々としてしかも熱意を感じさせるものでした。久々にいいお話を聞けたと思います。

本日の参加者は52社 53名でした。
f0042690_22172566.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-03-23 22:15
2007.3.15のモーニングセミナーは、会場の都合によりお休みです。
お気をつけください。
来週の講話者は、金沢市中央倫理法人会の裏方大将(事務長)であります
盤水社の中山貴之氏です。
[PR]
by rinri_center | 2007-03-13 14:47

2007.3.11 3月定例役員会

3月定例役員会を京武蔵さんで行いました。
会議後、おいしいお弁当を頂きました。
合掌!
f0042690_213451.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-03-12 21:03
本日のモーニングセミナーの講話者はグローバルスタンダードを支援する
ワールドワイド株式会社代表取締役社長池田東史雄氏でした。
「人間力=あたり前の事ができる能力」
講話で紹介された建築会社の驚くべき実話です。
飛び込みで訪れ、いきなり初対面の社長に対して「自分の家を建てて欲しい。」といわれた方がいたそうです。
「どうして、わが社を選択されたのですか?」の問いかけに対して
「私は、郵便配達員として定年退職したあとマイホームを建てることが夢であった。大切な大切な退職金を信頼できる方に託したかった。郵便配達で多くの建築会社を見てきたが、御社の社員の普段の挨拶やお声かけがすばらしかった。この会社なら間違えないと思っています。」
との回答だったそうです。
内覧会でも商品説明でもなく、挨拶で受注してしまう。
大手企業の不祥事が続く中で、原点を考え直すことができました。

本日の参加者は50社、53名でした。
f0042690_2139371.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-03-09 21:29
今朝も4時起き。
怒濤の2月も終わり、今日から役員朝礼は5時15分に戻ったのだが、なぜか目覚ましより早く4時に目が覚めてしまう。
今日から会場が白鳥路ホテルから厚生年金会館へ変更。
いつもと違う道を走り会場に到着、しかしすでに設営は終わっていた。
う〜む、素早い。当摩さん、ありがとうございます。
5時15分より役員朝礼、会場が大きな分、役員全員が横一列にならんでも余裕がある。
久々に挨拶の練習と一分間スピーチを行う。
さすがに3月になって2月のようには参加者はないと思っていたのだが、6時になって後ろを振り向くと大きな会場が人でいっぱい。
うそっ!・・・・すごいなぁと思う。
小原会長の報告によると2月は4回で平均175社。月間700社。
トンデモない記録を作ってしまったものです。

本日の講師は泉が丘会計センター所長税理士 山根敏秀様
テーマは「感動経営」
事前にキッチリとしたレジメを作って配ってありました。
まず開口一番に「会社と言うものは社長一人のものではない。お客様、そして取引先、それに従業員の皆のためにある」と言われる。
ところが、その会社経営の支えとなるべき会計事務所が、意外にも社会オンチだったりするのです。
普通の会社では商品を売ってから代金をいただく、またはサービスを行ってから代金を請求する。ところが会計事務所は年間契約さえすれば顔も出さないのに毎月入金がある。
これが、いけないのです。
関与先企業の発展させてこその税理事務所、そして企業の発展を通して地域社会に貢献出来る企業を目指すのが当社であります。
そのためには、常に関与先企業の手本になりたい。
当事務所では毎朝8時半から9時まで社員といっしょに勉強をしている。そしてお客様から見た事務所の動きを気にかける。
なにより大切な事は、企業を存続・発展させる事。
そのためには正しい決算、正しい申告をしなければならない。
決算は企業の健康診断。診断が間違っていると体力がわからなくなる。
当事務所では銀行から頼まれ、事業改善計画書を作り、その後追いまでやって「企業のかかりつけ医師」となっている。
そうするとそれが銀行の融資に繋がり、信用もあがり、業績もV字回復する。
いままでにも、そういうケースが多くありました。

なによりいけないのは「経営者が、あきらめること」
誰にも相談出来ず、社長一人で悩んだあげく自殺に繋がる事もある。
そんな人のために90分無料で経営相談を受け付ける「セカンドオピニオンサービス」(医療用語)を実施している。

「かんたん経営の秘訣」
1 なりたい自分を想像する どういう会社にしたいか?
2 部下に対して引かない 信頼を勝ち取るには判断が大事。
3 原因の徹底分析と至急の対策 とにかくスピード。
4 まずは自分から始めること 感動したら行動すること。

淡々とした語り口ながら、もの凄く説得力のある講話でした。
しかも時間ピッタリに終了。レジメもすべて使い切る。
こんな税理士さんなら、ぜひ相談してみたい。
そんな山根様でした。
本日の参加者は88名。2月の皆勤賞は39名でした。
f0042690_1845224.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-03-02 12:37