金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今朝も4時半起床。
今朝は、ぐっと冷え込み本格的な秋を感じさせる。
5時5分役員朝礼開始。
今日はこの会場、白鳥路ホテルで行うモーニングセミナー最期の日、次回からは厚生年金会館へと会場が移動します。
そのための打ち合わせ、申し送り事項確認。
会員スピーチでは金沢市倫理法人会の田村会長が8月の月間参加者数が日本一になった事を報告、なんと8月はBEST4まで、すべて石川県の単会が独占との事。すごいですねぇ。

本日の講師は、中小企業の広告戦略室パブリック・イメージ代表、森タカヤ様
小さな会社は社長のイメージで仕事ができます。
特に目だった広告も必要ではなく人間関係から仕事が来る。
ところが社員5名から50名の会社に成長すると広報の必要が出てきます。ただ、広告には経費もかかるし人出もかかる。
その代理をして代わりに広告をしてくれる会社が広告制作会社です。
例として私が手がけた特殊印刷の会社場合、いろいろなノリと印刷の組み合わせが出来る会社だったのですが、いまひとつ具体的なイメージがわかない。
そこで「ステッカーマン」というキャラクターを作り上げ、製品をステッカー(あらゆるステッカーが出来ます)という素材に絞り込んで広告戦略を立てました。
ホームページもステッカーマンを前面に出して制作したところ、アクセス数も飛躍的に伸び、売り上げのアップに繋がりました。

私の尊敬するマクルーハンは「メディアはメッセージである」という言葉を残しています。
メディアとは複数形、あらゆるものの存在がメディアであり、メッセージとはそこから発せられる相手に影響を与えるもの、すべてがメッセージなのであります。
メディアは常に複数で同時に動きます。
大切なのは順序づけ、大切なのはどれか、それを見分ける事です。

私の仕事は文章を書くことでもあります。
話す事が上手な人でも、なかなかそれを文にする事は難しいものです。
人の脳は常に多数のイメージを同時に処理しています。
いろいろなイメージが同時にわき起こり、それを言葉として表しています。
ところがこれを文にする時には、情報を選択し、順序づけをして 、文のきまりにそって並び替え、表現しなければなりません。
話す事と書く事には、大きな違いがあるのです。
話せるのに、なぜ書けないか?
そこには相手がいないからです。
相手がいると相づちがあります、そして質問もされます。
その繰り返しによって言葉が繋がり、会話が成り立ちます。
うまく書ける人の文章は、読み進むうちにその人の言葉が聞こえてくるような感じになってきます。
文章を書く上で大切な事は、やさしい言葉を使う事、強い言葉を使わない事。
空にある月を指し示すように、人の目線をそこに揃える事に似ています。
いかに月の美しさを伝える事が出来るか?
それは文章を書く大切な心構えであります。

本日の参加者は57名でした。
白鳥路ホテルの河野さんにお礼の鉢植えの贈呈がありました。
河野さん、ほんとうにお世話になりました。
ありがとうございます。
f0042690_18542213.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-09-30 11:19
今朝も4時半起床。
5時5分からの役員朝礼に間に合う。
本日は小原会長が出張でお休み、新田副会長の挨拶。
経営は何のために?という問いかけを常に心に持つ事が大切だと言われた。

本日の講師は,ランチェスターマネジメント金沢代表 小嶋隆史様。
金沢西倫理法人会の役員もされているが、モーニングセミナーに参加するようになって半年、独立して3ヶ月の若々しい講師の方です。宮崎市出身の昭和40年生まれ。
バブルの時代福岡で就職。3年半で退職し友人と観葉植物のリースの会社を始めるが半年で失敗。
それが会社経営の勉強を本格的に始めるきっかけになる。
その後、勉強を活かすため経営のコンサルタントになりたいと思い、コンサルタント会社に入社、金沢支社の開設に伴い金沢に単身赴任。
結局金沢に5年居続け、金沢が好きになりました。

ランチェスター経営戦略というのは、小さな会社が勝つための戦略です。
経営の本質とは「お客様を創る事」すなわち「顧客の創造」にあります。
そして利益性の原則とは「一位を創る事」市場における占有率が高ければ高いほど利益が高くなるのです。
では、どうやって小さな経営でお客様を創造し、一位を取るか?
そのためには「戦略」が必要なのです。

1 強い競争相手がいる業界には決して参入しない。
 大きな市場には強い競争相手がいます。狭い小さなニッチ市場を狙いましょう。

2 強い競争相手と差別化し同じやり方をしない。
 商品の差別化、営業の差別化など。

3 小規模一位主義、部分一位主義。
 的を絞り込んで一位になる。

4 勝ちやすきは、細分化で発見する。
 強者の弱い部分を見つけて、そこに戦力を集中する。

5 戦力の分散を避けて目標を絞り込み、そこに全力を注ぎ込む。

6 個別目標達成主義

7 広域営業を避けて、狭域営業に徹する。

8 お客様に対しては接近戦、一騎打ちを実行する。
 良好な人間関係を作り、何度も通う。

9 軽装備で動きの速さを保つ。
 自社ビルではなく賃貸、経費を安くし負担を減らす。

10 長時間働く。

ランチェスターの法則は 力=量2×質
すなわち 営業力=営業回数の二乗×営業マンの質 になります。
また、回数をこなす事により営業マンの質も向上します。
弱者の戦略は、原点、そして初心に帰る事です。

本日の参加者は56名でした。
f0042690_1142553.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-09-22 11:42
 朝6時2分前。 今日はモーニングセミナー開始前に、10日の役員辞令交付式に欠席した
役員に対し、辞令交付を行いました。会員さんの前での交付もいいものです。
 そして6時モーニングセミナーの開始です。 会長挨拶 小原会長より、壇上に掲げられた
『平成19年度モーニングセミナー年間参加社数第2位』の文字が染め抜かれた、金沢市
中央倫理法人会の新しい旗が紹介されました。 いつもの群青色に白抜きの旗ではなく、
白地にエンジ色のマークが新鮮な雰囲気をかもし出していました。小原会長はこの旗に関し
嬉しそうに解説したあと、成功者の4つの条件の話をされました。
 成功する人はまず  
      1、明確な目標(ハブ、ドゥー、ビー)を持ち
      2、目標に向けて行動する
      3、その結果を評価し
      4、うまく行かなかったときは、他人ではなく自分を変える
 これを出来る人が成功者と成り得る。

 今日は新年度になり2回目のセミナーですが、講師をお迎えするのは初めてとなります。
今回の講師は、当金沢中央倫理法人会の専任幹事の飯山治郎さんです。
 ガッツマネジメントパートナーと言う名のコンサルタント会社の代表です。社名の由来は、
野球で培ったGuts(根性)もさることながら、 Grow-Up Total Support (成長を総合的
に支援していく) の志しそのものの頭文字をとって 『GUTS』 としたそうです。
偶然というより大発見ですね。

 飯山氏は、松下の量販向け家電流通部門にて商談の仕事を経て、 縁あって森本商工会
にて中小企業の方々に経営指導(経営相談やお金の対策)をなさる事になったそうです。
以前の流通業界の時に比べ、この支援機関においての日の過ぎる速さに疑問を感じること
がありました。
 そこで、10年目を区切りとし、独立の日を決めて勉強に励む事にしたそうです。。経営者に
対し「何かを提供することより、共感し合える指導員」を目指し、1年遅れの11年目、36歳の
とき独立しました。それまでの仕事を通しての仲間が財産です。

 独立後この倫理法人会に出逢い、以前いた世界の松下と同じこと、つまり「歌を歌い本を
読み、決意を口にする習慣」。 良い環境に身を置き、経営指導と倫理法人会のお世話を
することになった要因です。
 
 コーチングの語源は「馬車(送り届ける、導く)」だそうです。コーチングには、自分に対する
セルフコーチングと相手に対するパーソナルコーチングがある。 
 コンサルタントは 『人を活かす』という本に書かれている様に、押し付けず引き出す方法に
徹し、相手に目標を問いかけて、そこへ導く。伴走する姿勢が大事。それには、聞く力を持ち
質問を通してフィードバックしてあげる。 指摘ではなく教えてあげる。 感情にアクセスする
ことが大事です。

 飯山氏の講話に関し、『ガッツ』と言う社名から「お尻をビシバシ叩かれるのか」と思いきや、
どうしてどうして。優しい思いやりのある指導で、今後も希望者がどんどん溢れることでしょう。
しかし、優しい指導とは言え『ガッツ』を確実に植えつけられることは否めません。

 本日の参加者 67名 でした
 
[PR]
by rinri_center | 2007-09-13 18:40
(株)オハラにて第3期倫理経営塾の第5回目を開催

10名の塾生より5年後の目標と経営計画を発表していただいた。
2ヶ月の経過報告を約束して、解散。

実践なき思いは、雑念にすぎない。

2ヶ月後の再会が楽しみです。

f0042690_2344747.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-09-07 23:03
今朝も4時半起床。
夏と比べると空が暗い、秋になったんだなぁと実感。
今日から倫理法人会も新年度。
新役員も決まり本日のモーニングセミナーは新役員の紹介と役員スピーチです。
まずは小原会長の挨拶。
今日から新年度になります。昨年は、この金沢市中央倫理法人会が全国の単会のうち参加者数で2位になるという快挙をなしとげました。これもひとえに参加者の皆さんのおかげです。 ありがとうございました。
平成20年度のスローガンも「右手に倫理、左手にそろばん、心を高め経営をのばす」です。
あたりまえの事をあたりまえに徹底し、モーニングセミナーも毎週70社以上の出席を目指します。
大きな会社も小さな会社もいっしょになって、今度は日本一を目指しましょう。

その後、役員全員がずらりと前に並び自己紹介。役割分担も発表いたしました。
続いて役員スピーチ。
まずは瀬戸副専任幹事。
我々モーニングセミナー委員は4名。6時から7時まで活気溢れるモーニングセミナーになるようにがんばります。
金沢中央の司会者の声の大きさは日本一です!(ここで笑いと大きな拍手)
参加者の皆さんにはぜひ、元気を持ち帰っていただきたい。元気の連鎖が元気を呼びます。よろしくお願いいたします。

西川副会長
私たち3人はモーニングセミナーの講師の選定を行います。
MSは講師の方のお話がメインです。沢山の方が聞きたいと思う講師の方をお迎えしたいと思います。参加者の皆様。ぜひご紹介ください。今年はこの中央のモーニングセミナーを日本一にしたいと思っています。

西田事務長
先月まではMSの司会者をさせていただきました西田です。
今月からは裏方に回り4人のメンバーで会計、受付、事務全般を担当いたします。目標は受付で参加者の皆さんの顔を一人でも多く憶える事。日本一の受付を目指します。

稲垣広報委員長
広報全般を3名で担当いたします。会報は文字が多すぎるとの指摘がありました。もっと見やすくわかりやすい広報を目指します。
ホームページのブログもぜひ、ご覧ください。

長谷川監査役
私は入会して一年半ですが、こんなに元気の出る会はありません。私の趣味はトライアスロンなのですが、いつも4時からトレーニングをしています。MSも趣味の役に立っています。

飯山専任幹事
研修(朝礼研修・倫理経営塾・幹部研修会)役員会を3名で担当いたします。私は昨年3月に初参加、6月に入会、そして昨年9月に副専任幹事をおおせつかりました。そして今期、前任の塩山幹事が西法人会に移動になり専任幹事になりました。
この会は法人会なので、やはりそろばんが大切です。
儲けていただき会社も良くする、そんな経営を目指します。
あたりまえの事をあたりまえに、これを徹底します。
拡大目標は20社。
現在の参加者は平均65.3社、日本一の単会は69.7社でした。
そこで今年の目標は平均70社。
役員朝礼や出欠、議事録などをきっちりし、各行事ごとにリーダーを選定し運営します。
私自身、この会に入って何が良かったかと言うと、学校のようにきちんとした雰囲気を味わえる事。そして業種や年齢を超え、互いに仲良くし自分自身が変わってゆきました。
これからもよろしくお願いいたします。

本日の参加者は59名。8月の皆勤賞は17名でした。
f0042690_14261528.jpg

[PR]
by rinri_center | 2007-09-06 01:19