金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 次回 第160回(第6条)経営者モーニングセミナーの御案内
 11月6日(木) 講話者は ㈱チャンピオンカレー 代表取締役社長
                 南 政廣 様
           テーマは「チャンピオンカレーの秘密」

今日も4時半起床。
5時5分より役員朝礼。
役員もたくさん集まり元気よくスタート!
会長あいさつでは飯山治郎会長が自分を磨くことについて話した。
自分を磨くといいますが、どうすれば磨く事が出来るのでしょうか?
まずは夢をもつことです。ああなりたい、こうなりたいと思う事。
すると目的が出来る。つまり着地点ができるわけです。
次にはそこに到達するために、自分の時間やお金やエネルギーを集中して投入します。
そこに行くまでを順番に、目標を決めて段階的にすすめてゆきます。
ランチェスターの法則では、成果=量2×質です。
どれだけ量をかけられるか、そしてエネルギーをつぎ込めるか。
これが自分を磨く事につながるのです。
人生には限りがあり、与えられた時間は有限です。
まずは、今やっている仕事を精一杯やって成果をあげる事。
「成果」は「やりがい」につながります。
仕事にやりがいが出来る、それは夢に一歩近づくことです。

本日の講師はアイ・オー・データ機器技術支援部技術管理1課 課長小柳雅寛様

おはようございます。
小さい柳と書いて「おやなぎ」と申します。 倫理歴は5ヶ月です。
今度講話をすることになり田村会長にアドバイスをいただいたらこう言われました。
「いいかプロフィールはやめとけ」それから「嫁さんはちゃん付で呼べ」と(笑)
ということで、プロフィールはお配りしたレジメをごらんください。
ちなみに嫁さんを「ちゃん」づけで呼んだら、とたんに仲良くなりました。
「テーマは波動が人生を変える」です。
この世の中の物は、すべて振動しています。
音波、光波、電波。人の心や想いも波動として伝わっています。
特に水は波動を良く伝える事が出来ます。
レジメにも水の結晶が人の言葉に反応して形を変える例を示しておきました。
(この説には反論もあります。http://ja.wikipedia.org/wiki/水からの伝言)

ここに音叉(ハーモニーベル)がありますが、これを聞く事により心をリラックスさせる
効果が生まれます。
ここで実験、参加者が目を閉じて両手を合わせハーモニーベルの音を聞き、
利き腕の指が伸びるという実験を行う。
どうですが、実際に指が伸びた人は手を上げてください。
(会場の中からいくつも手が伸びる)
かなり沢山の人が手を挙げていただき安心しました(笑)
人は感謝する事で人に喜ばれます。
笑顔を作ると、心が変わり、そして言葉も変わります。
「言霊」という言葉をごぞんじでしょうか?
言葉には、人の想いや霊が宿ると言う考え方です。
言葉は単なる音ではなく、意味があり人の心に影響を与える力があるのです。

私の体験をお話しします。
50歳で窓際族になった男の話です。
3度目の人事異動が来て、その人は年の若い私の部下になりました。
もともと仕事ができる方でしたが、技術革新についてゆけず心にふたをして
仕事をしているようでした。
私は毎日、笑顔であいさつしました。そして少しずつでもいい言葉をかけるようにしました。
やがてその人は、見違えるように元気になりました。
よく笑うようになり、目の色が変わり、若手に交じって仕事をこなすようになったのです。
これは「長所伸展法」といいます。
良い所をほめてのばしてやる、そこに集中します。
良い所をほめてあげると、ますます良くなり、今度は自分にフィードバックしてきます。
そのとき、自分が何を引き寄せたいか,ハッキリイメージしてください。
人材はリーダーの発する波動で意識を引き上げる事が出来ます。
世界を変えてゆくのは、人の心です。
人の心が互いに共鳴し合い、共振して世界を変えてゆくのです。

本日の参加者は81名 参加社数は75社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-10-31 16:19
 次回 第159回(第5条)経営者モーニングセミナーの御案内
 10月30日(木) 講話者は ㈱アイ・オー・データ機器
                     技術支援部技術管理課課長
                   金沢市中央倫理法人会 幹事
                  小柳 雅寛 様
            テーマは「波動が人生を変える」

今朝も4時半起床。
5時5分からの役員朝礼に参加。
今日は副会長の田中喜久代さんの講演ということで、役員の集まりもいい。
会長あいさつでは飯山治郎会長が、自信とは何かという話をした。
自信とは自分を信じる事ですが、では自分の何を信じたら良いのでしょう?
それは自分の価値や能力、そして正しさを確信する思い込み。
そう、自分が取り組んでいる事が正しい事だと思う事。
その「思い込み」が自信になるのです。
まわりから評価されるのではなく、まず自分が思い込む事。
元気があるか、夢があるか?
夢を持って働く事が、自信になり、その人の価値につながるのです。

本日の講師は、伏見園取締役 田中喜久代様
当会の副会長であり、モーニングセミナーのおもてなし隊長でもあります。
テーマは「私と倫理の出会いと変化」
おはようございます。
すっかり紅葉の季節ですね。
私は田中家本家で植木屋の三姉妹の長女として生まれました。
県立錦丘高校卒業後、女子短大の情報処理科に進み、北陸コンピューター会社に入りました。
小さな頃から父に将来は家を継ぐのだといわれて育ったせいか、22才の時に今の主人と
お見合いで結婚、そして出産のため会社を退職してから、ごく自然に伏見園に入社し
現在に至ります。
うちの会社「伏見園」は創業51年。造園、庭の設計管理、レンタルグリーン、花束、
アレンジフラワー、オブジェなど広く取り扱っています。
また最近では、インターネットで観葉植物も販売しています。

倫理法人会に入ったのは3年前。
三重県の八王子屋の遠藤洋徳さんのナイトセミナーでの言葉がきっかけでした。
「呼吸のようにまず吐かないと、良いものが吸収できないよ。花やグリーンを持って
講話者の横に飾ってあげなさい、そして持って帰りなさい」と、いわれました。
倫理法人会に入って驚いたのは、みんなが親切に声をかけてくれる事。
「田中さん!」「田中さん!」と呼んでくれて、名刺交換も初めてここで行いました。
なんと暖かい会なんだろうと驚きました。
その後、初めて会員スピーチを行った時も、3分間のスピーチの練習を何度もして行ったのに、その時はあいにくスピーチする人がいっぱいで時間がとれませんでした。
そうしたら会長さんが、だいじょうぶ。また来週があるよと(笑)
また、幹事になってと頼まれた時も、とても私なんかムリムリと思ったのに、
当時いた女性3人が揃って幹事になってしまったり。
とにかく金沢倫理法人会の当時は、初めての事ばかりで驚きました。
いちばん学んだのは「おもてなしの心」 セミナーに来ていただくお客様をどうもてなすか。
挨拶の仕方、心の込め方、セミナーのリハーサル、受付の方法。
なによりも、みんな揃って「あたたかい空気を作る」ことを学んだように思います。

その後、金沢中央倫理法人会に移ってからは小原会長のもと「右手に倫理、左手にそろばん」を合い言葉に心を高め経営をのばす方法を学びました。
当時、5月に出席社数日本一をめざそうと決めたとき、小原会長に2月にリーダーを
やって欲しいと頼まれました。
その時も、そんな私にはムリムリと断ったのに、いやだいじょうぶ。
まだ3ヶ月あるから、準備出来るやろ、と言われなんとなく出来そうな気に・・・
そんなふうに、視点を変えて頭の中をころっと変えてくれる会長が小原さんでした。
そして福井に5月の参加へのお願いをしに行ったら、石黒会長さんから「よし、
わかった参加しよう。でもそのかわり田中さん講和してね」と言われまたムリムリと(笑)
でもそれがきっかけで、6月に福井で初講話。
5月のリーダーをやらせていただいて、いちばん学んだ事はやはり「おもてなしの心」でした。
今は池田さんの「素質論」を学んでいます。
人間関係を財産と考え相手の価値観を大事にする理論です。
大切なのは自分の応援団を作る事。
倫理で出会った沢山の人からいいものをいっぱいいただきました。
小幡さん、中崎さん、中野さん、小原さん・・・
みんな私の良い所をほめて、応援してくれました。
主人も私の事を大切にしてくれます。

今続けている事は、主人と娘に「おはようございます」「いってきます」と挨拶をすること。
それにお墓参りです。
これからも倫理を学んでいこうと思っています。

本日の参加者は87名、参加社数は82社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-10-26 12:50
 次回 第158回(第4条)経営者モーニングセミナーの御案内
 10月23日(木) 講話者は ㈱伏見園 取締役
                   金沢市中央倫理法人会副会長
                  田中 喜久代 様
             テーマは「出会いと感謝」

今朝も4時半起床。
夜明け前の暗い路を会場に向かって走る。
5時5分からは役員朝礼、一分間スピーチに続きハッピートーク!
「ついてる、ついてる!」と口に出して言う。
会長あいさつでも飯山治郎会長が「運命自招」を例にとり、いい運命は自分で呼び寄せるもの。そのためには口に出して言えばいい。
自分の脳に自分で言い聞かせて、オーダーをかけるのだという。
それと言い訳はしないこと。
言い訳をすると「運」が逃げてゆくのだそうです。
言い訳で最も多いのが「お金がない」本当に必要ならなんとしてでもかき集められるはず。
「時間がない」時間はすべての人に平等に与えられているはず。
そして「自信がない」自分を信じていない、または信じられないから。
この3つなのだそうです。
これは実は、すべて自分でコントロール可能な事ばかりなのです。
運を自分から作って行こうとすると、言い訳は出来なくなります。

本日の講師は、よろずや観光代表 萬谷正幸様
山代温泉の有名旅館「瑠璃光」「葉渡莉」の両旅館の社長さんです。
国土交通省の選んだ観光カリスマのお一人としてご活躍中です。

おはようございます。
今全国の観光地は大変苦戦しています。客層の減少に旅館の減少。
大量販売の団体さんから個人のお客様へと、どうやってお客様を集めるのか?
それは「ブランド作り」にあります。
価格訴求の時代から、価値訴求の時代へと変わり、価値を創造し、
その価値をお客様にちゃんと伝えられるか?
これが出来ると「信用力」がつきます。
すなわち「ブランド」になっていくのです。
旅館はハードウェアです。建物は建てた時がいちばん価値が高く、
年を経るごとに劣化し価値は下がってゆきます。
しかし「信用力」は年を経るごとに進化し、無限資産として積み上がります。
それは、宣伝しお客様を集めて売る狩猟型の経営ではなく、お客様を育て、
何度も来ていただきお得意様になっていただくという農耕型の経営になることを意味します。
「集客力」ではなく「留客力(りゅうきゃくりょく)」
お客様を留める力が、これからの経営に必要とされるものなのです。

21世紀のマーケティングは「ホスピタリティ(おもてなしの心)」です。
ほとんどすべてのビジネスは、お客様にいい記憶(幸せな気分)を提供する事が目的の
ビジネスに変わってきます。
すなわち「サービス力(顧客満足度)」の違いが企業力の差になってくるのです。
では、サービスとポスピタリティの違いは何でしょう?
サービスとは、いつでもどこでも、誰らにでも与えられるもの。
たとえば街を歩いていてもらえるティシュのように。
ところがポスピタリティとは、このとき、この場、この人にだけ与えられる特典なのです。
その人が何を望んでいるか、それがわからないとホスピタリティにはなりません。
そのための気配り、心遣い、これがホスピタリティなのです。

分布曲線というグラフがあります。山のようになった放物線のグラフで、縦に数量、
横に大小の項目があります。たとえば収穫したリンゴの大きさ、テストの成績、
車の通行量などなど、とても大きなものや、小さなものは数が少なく、
中間の大きさの物が数が多くなります。
これを頭に入れておいてください。
ホテルと旅館の違いですが、ホテルは「人間性悪説」旅館は「性善説」によって
成り立っています。
ホテルには完全なプライバシーと安全を保証する部屋があり、
先に保証金を支払って泊まります。
これは人が襲われたり、料金を払わずに逃げたりするという性悪説をもとにしているからです。
逆に旅館は、部屋のカギもゆるやかですし、先に宿泊費を支払う事もありません。
中には旅館の備品や浴衣をくすねてしまうお客もいるのですが、
先ほどの分布曲線のグラフでもわかる通り、そんな人はせいぜい10%もありません。
じゃあその10%の人のためにカギをかけ、お客様を、この人は泥棒かな?という目で見たら
どうなるでしょうか?
90%のお客様がいなくなってしまうのです。
相手を信じて、心をこめて接客する。気配りをして感動をしていただく。
「さすが瑠璃光だね」とお客様に言っていただける接客をすることです。
今「瑠璃光」「葉渡莉」では、新コンセプト、ブランド作りに取り組んでいます。
ES推進委員会を作り、お客様にどれだけ喜んでいただけるか、
どれだけ幸せな気分を感じてお帰りいただけるか、これを使命と考えています。
「Be No1 !」お客様の指名がNo1になる旅館。
瑠璃光は、北陸を代表するトップブランド旅館として、
真にお客様から支持される顧客満足度No1の旅館作りに挑戦しています。

本日の参加者は61名 参加社数は58社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-10-20 17:11
 次回 第157回(第3条)経営者モーニングセミナーの御案内
 10月16日(木) 講話者は よろづや観光㈱ 代表取締役
                   加賀商工会議所副会頭
                   加賀市準倫理法人会副会長
                   萬谷 正幸 様
            テーマは「ホスピタリティビジネスの時代へ」

今日も4時半起床。
真っ暗な駐車場の中、飯山会長と同時に到着。
5時5分から役員朝礼開始。
飯山会長が、先日の100kmウォークの79キロ地点で見た人間ドラマを熱く語った。
答えは100km先にある!参加者の方、サポーターの方々,本当にご苦労様でした。
会長あいさつでは、中小企業診断師の更新研修でのエピソードを。
課題が「この信号機がもしなかったら?」というもの。
いくつかのグループに分かれて、じっと交差点を見る。
なかったらどうなるか?交通安全は守れるか?渋滞の原因になるか?
互いに譲り合いマナーが向上する?それとも・・・
あって「あたりまえ」という事を、再度考え直すという視点が大切。
そのための課題だったそうです。

本日の講師は、星稜大学教授工学博士 大藪多可志様。
植物が地球の環境に与える影響を、室内環境の視点から研究しておられる方です。
正面には大きなスクリーンとパソコンにつながったモニター。
それを操作しながらマイクを持ってお話しされました。

京都議定書で定められた世界のCO2を、2012年までに6%削減するという目標。
これが大変難しくなっています。
昨年の地球のCO2濃度は過去最悪でした。それもワースト1がアメリカから
中国になりました。
日本のCO2の排出量も増加するばかり。
このままでは、地球の温暖化、そして食料危機、海面の上昇はさけられません。
また、人間の主な生活環境である室内の環境も悪化しています。
CO2二酸化炭素は、植物が三分の一、海が三分の一、そして残りの三分の一が
大気にとどまっています。
環境に果たす植物の影響は非常に大きいのです。
そして植物はCO2だけではなく、さまざまな汚染物質、ホルムアルデヒド、
トルエン、キシレン、アンモニアなども吸い取って浄化してくれます。
私は室内(閉鎖された空間に置ける)植物(観葉植物)の浄化能力の研究を行ってきました。
シックハウス症候群といわれる建材からの化学物質過敏症対策としても、観葉植物は
非常に有効なのです。
NASAでも実験しているバイオフォームと同じく、 閉鎖された空間で植物の浄化作用を
ガスセンサーを使って検証しました。
すると、植物の種類、室温、そして光の違いによって効果の違いが明確になります。
いちばん効果的なのは、葉が大きく成長の早い「ポトス」
そして「アオワネッキー」次いで「フェニックス」です。
6帖程度の室内であれば、中に2個か3個ほどの鉢植えがあれば、浄化作用で
汚染物質がほぼ一日で吸収してくれることがわかりました。

ここで「特命リサーチ200X」という番組のVTRが流されました。
先生も出演された番組で、驚くべき植物の浄化作用が明らかになります。
ごらんの通り、これからは室内でも社会でも、いかに植物と共生するか、
それがカギとなります。
空気の浄化、癒し効果、そして仕事の効率アップにまで、植物は人間の社会に大きな
役割を果たしていると言えるでしょう。

本日の参加者は65名 参加社数は63社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-10-12 15:48
 次回 第156回(第2条)経営者モーニングセミナーの御案内
 10月9日(木) 講話者は 金沢星稜大学教授
                工学博士 大藪 多可志 様
            テーマは「観葉植物の力」

今朝も4時半起床。
暗い中を会場に向かって走る。
今日の役員朝礼はいつもよりメンバーが少ない。めずらしいね。
会長あいさつでは飯山治郎会長が、自分の会社が変わった事を発表。
ガッツマネジメントから加賀のアルファコーポレーションさんに専務として招かれました。
美容関係の会社なのですが、経営のコーチングが縁で招かれたそうです。
先日のチャンピオンカレーの社長さんの話にもあった通り、子供にではなく娘婿に
会社をゆずるそうです。
「すべては決断と覚悟、やるという勇気を持つ事」そこから始まるのです。
創業者の意志と理念を実践してくれる事にゆずるのは、当然の事かもしれません。

本日の講師は倫理研究所法人局普及事業部 東海北陸方面長 泉憲治様です。
おはようございます。
今、金沢中央は全国の単会から大変注目されています。
日本一の会は何をやっているのか?それをみんなが知りたがっているのです。
倫理で大切な事は「感謝の実践です」
実践なき倫理は倫理ではないと言われる通り、まず姿勢を正し、あとしまつをし、
夜寝る時に感謝の実践をして床につく。
雨が降ったら傘を乾かす、他人のスリッパでも揃える、ふだんの生活の現れが
ここぞと言う時に大きな力となっていくのです。
「幸福の栞」93ページの4行目
「立つ鳥はあとをにごさず」といわれる・・・・
毎日の小さな後かたづけが大切なのです、しまりの無い仕事は最後に失敗します。
そして今日一日、幸せに過ごせた事を感謝してください。

私は実は以前は「祖先の導き」などは信じられませんでした。
目に見えない、とっくの昔になくなった祖先の力が本当にあるのだろうかと。
しかし、すべては繋がっていたのです。
倫理の原理にもあります「全一統体」すべてはひとつに繋がっているのです。
ひとつ私の体験をお話しします。
私は結婚して妻がおりますが、ずっと子供が出来ませんでした。
なあにそのうちと、妻には言い聞かせておりましたが、まわりからは「赤ちゃん
はまだなの?」と言われ、それが妻にも負担になっていたのでしょう。
あるとき、世界的にも有名な産婦人科医師 池川明さんに診察をお願いしました。
この方は「胎児の時の記憶」についての権威で、2才から3才までの子供におかあさんの
お腹の中にいた時の記憶を聞き取り調査している方です。
診察の時に、いろいろと体調や生活の事を聞かれましたが、その後なにか小さな道具を
引き出しから取り出しました。
小さなこまの先に細いひものついたような道具で、妻の手の上にかざしくるくると回すのです。
そしてじっと目をとじて何かを考えるようなしぐさをしていました。
「だいじょうぶですよ、今、赤ちゃんとお話ししてきました。7月に来るそうです。
それから後何人ものあかちゃんが来ると言ってますよ」と・・・・
私には、とても信じられませんでした。
私たちは診察してもらうために来たのです、占いをしてもらうために来たのではありません。
怪訝な顔で妻を振り返ると、なんと妻は目頭を押さえて嬉しさのあまり泣いていました。
私は気がつきました。
こんなにもあかちゃんが出来ない事が、妻の重荷になっていたのだということを。
そしていちばん身近にいるはずの私がそれに気づいてやってなかった事を。
結果から申しますと、あかちゃんは本当に7月1日に生まれました。
妊娠がわかって予定日が6月20日だったのですが、遅れに遅れて結局7月1日に
生まれたのです。
ほんとうにこれには驚きました。

「幽顕一体」
幽界とは、あの世の世界、そして顕界とは、私たちが行きているこの世界。
生と死はつながっているのです。
心と体もつながっています。
人と物、自然も同じようにつながっています。
人と人、対人関係もつながっています。
すべてのものは、見える物も見えない物も必ずどこかでつながっているのです。
経営者の皆さんはそれを理解してください。
人にやさしくしてあげれば、自分に帰ってきます。
すべては自分次第なのです。

本日の参加者は64名 参加社数は62社でした。

いいお話だったので、私は名刺交換とお礼をさせていただきました。
今、私の手元に泉様からのお葉書が届きました。
「本日はモーニングセミナーにお越しいただきありがとうございました。
さらに実践に磨きをかけてまいります。今後ともよろしくお願いいたします」
こう書いてあります。
いや、感謝したいのはこちらです(笑)
[PR]
by rinri_center | 2008-10-05 16:17