金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 次回 第167回(第13条)経営者モーニングセミナーの御案内
 平成21年1月8日(木) 講話者は ㈱トミショープラン 常務取締役
                ファイナンシャルプランナー
                  新田 陽子 様
                テーマは「新しい年のお金の考え方
                    ~キャッシュはセキュリティー」

今日も4時半起床。
いよいよ今年最後のモーニングセミナー、5時5分の役員朝礼も気合いが入る。
会場入り口にはクリスマスゲート、会場のレイアウトもいつもと違う。
受付にもサンタクロースの人形やリースが飾られて華やかな気分。

会長あいさつでは、飯山治郎会長が奥様から贈られた赤いネクタイを披露。
この一年を振り返り、来年をどう取り組もうかと思っていると言われた。
プロの条件とは、結果をだす事。
そのためには「フィードバック分析」が必要になります。
それは言い換えれば「常に自分を振り返る事」
自分が何をするのかを目標を決め、そして実行し、
どれだけ出来たかを振り返る。
それを繰り返す事によって自分が見えてくる。
来年はぜひ一年間の目標を立ててください、
そしてなりたいという願いをもって実行する事、
こうなりたいという期待を口にすること。
それがプロになるための条件です。

本日の講師はマジシャンのナカノ・マクレーン様
なんと19才の現役高校生でありながらプロのマジシャン。
独学でマジックを修行しつつ、あちこちでマジックを披露しています。
まずは手始めに自己紹介。
取り出した名刺が、ぼっと燃えて消えてしまう。
続いてカードのマジック。
飯山会長が引いたカードにサインをして、もとのカードに戻し、
さらに何度も切り直す。
その後、封をしたお茶のペットボトルを取り出してカードを放り投げる
と!
なんと、ペットボトルの中に、そのサインをしたカードが入っている。
見事なマジックに会場は大盛り上がり。
続いては観客から借りた1万円札。
これを小さく折って消してしまう。
その後、丸ごとのレモンの中からその一万円札が出現。
これも見事なマジック!
一万円札をめぐっての微妙なやりとりに会場は笑いに包まれました。

その後は講演。
若者の立場から、大人とのコミュニケーションの取り方についてアドバイス。
今の若者はコミュニケーション不足なんです。
実はさびしがりやで、会話して欲しいのに出来ない。
メールを送ったりと友達は多いのに、食事に行こうと誘う事もなかなか出来ない。
それは、断られるのが怖いからなんです。
拒絶される事が苦痛で、自分の人格が否定された気になってしまうのです。
「いい子」とは何でしょう?
勉強ができる、行儀がいい、親の言う事をちゃんと聞く・・・・
そう、いい事は親の言う事を聞く子供、親にとって実に都合のいい子供の事なんです。
でも、それが本当の子供の姿なんでしょうか?
「ふつう」って何でしょう?
平均的な子供、悪い事をしない子供、みんなと一緒なことをする子供・・・
これもまた社会が管理しやすい子供の事を差しているのではないでしょうか?
管理しやすい子供は、自分からは動きません。
自分で考えない、そしてじっと誰かが指示をくれるのを待つだけ。
そんな子が大人になったら、どうなるのでしょう?
社会が求める個性が豊かで、自ら進んで仕事をこなしてゆく大人になれるのでしょうか?

お願いです。
子供達に教えてあげてください。
子供はいつも親を見ています。親のする事を見て学び、親の真似をします。
子供を管理するのではなく、教えてあげてください。
どう生きるかを、どう生きて行くのかを。
それは難しいことではありません。
子供達といっしょに食事をし、話を聞いてあげ、そして一緒に体験する。
子供は親に認められる事が、いちばんの喜びなのです。
自分自身、親とのいさかいから距離を取ってこの道を選びました。
だからこそ思うのです。
マジックで生活を立てる事は難しいのです。
でも出会いによって人は変わる。
人が変われば、そのまわりの世界も変わります。
自分の世界が広がると、初めて見えてくるものがあるのです。

本日の参加者は81名、参加社数は79社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-12-29 05:50
 次回 第166回(第11条)経営者モーニングセミナーの御案内
 12月25日(木) 講話者は マジシャン
                 ナカノマクレーン 様
            テーマは「日常の小さな幸せに気づきを!」


今日も4時半起床
今朝はなんとなく生あたたかい、どんよりとした明け方。
会長あいさつでは、飯山治郎会長が、エコドライブを例にとり、
環境に優しい走り方をするとランプのつく車の事を話した。
なにかするとランプがつく、目につくところに表示するというのは、
それを見る事により記憶のネットワークに無意識に働くと言う。
職場の標語や注意などを、常に見えるところに置く事によって、実戦の決意、
気づいたらすぐする、という意識が生まれ、心が高まるのです。
これは直感力をやしなうという事にも繋がります。

本日の講師は㈱スペースデザインアオイ代表 佐々木一也様。
和歌山県生まれ、金沢工業大学で学び石川は第二のふるさと。
からくりの企画・デザイン・施行の会社の代表。
全国各地でからくり時計やモニュメントの仕事をしていらっしゃいます。
石川では輪島のまんなか通りに「御陣乗太鼓からくり時計」を制作。
平成18年度の「いしかわ広告景観賞」県知事賞を受賞。
「テーマ からくり時計の豆知識」
演台の横にはパソコンとプロジェクターが設置されている。

おはようございます。
みなさん世界初の時計はなんでしょう?
はい、そうですね。エジプトの日時計と言われていますが、実は腹時計です(笑)
このように「からくり」とは心良い裏切りなのです。
見ている人の想像を裏切り、おやっ!と思う動きをする。
また、四コママンガのように、起承転結のストーリーのあるもの。
それが私の作る「からくり時計」です。
ここでビデオを上映。
輪島の御陣乗太鼓のからくり時計。複雑な動きを再現する3体の人形。
太鼓の音と人形の動きが、ほんとうにぴったりと重なって本物の演技を見ている様。
続いて、ある歯医者さんの設置したからくり時計。
動物が歯磨きの練習をするというストーリー仕立て。
途中で動物が人間の歯医者さんに変身したり、場面がひっくり返ったりと楽しい。

実は私の実家は左官屋でした。
職人の妻だった母に言われた言葉、あなたの人生はあなたひとりのものじゃない。
会社もひとりのものじゃない。人も会社も、すべて技術を伝承して行くための役割を
もっている。残して行かなければいけない技術、伝えて行かなければならない心がある事を
教わりました。

その後、人吉駅前の大掛かりなお城型の4階建てのからくり時計のビデオの上映。
駅前にほんとうに一夜にして巨大なお城が出来上がる様子をみました。
これは制作に2年間かかり、金儲けにはなりませんでしたが、
自分に取って大切な大きな仕事になりました。
お殿様が、町人に姿を変え、城下を巡り名物を食べたり、
遊んだりする楽しいからくりを堪能しました。
このからくり時計は、市の観光スポットになり、観光バスが団体でやって来て
見物するコースにもなっています。

本日の参加者は55名 社数は53社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-12-21 16:43
 次回 第165回(第11条)経営者モーニングセミナーの御案内
 12月18日(木) 講話者は ㈱スペースデザインアオイ
             代表取締役社長  佐々木 一也 様
            テーマは「からくり時計 豆知識
                     ~刻(とき)と出会う~」

今日も4時半起床。
だいぶ寒いのにも暗いのにもなれました。
今朝は京都の倫理法人会からお二人の方が参加、熱心なのに驚きました。
会長あいさつでは飯山治郎会長が、当会では右手に倫理、左手にそろばんをモットーに
経営者が自らの心を正して行う経営をめざしていますと言われました。
先日参加した金沢の倫理法人会では、創設2年目で甲子園出場を果たした遊学館高校の
山本監督の話を聞き、熱い心だけでなく理論でもきっちりと説明出来る練習を
生徒に伝えている事に感心したと言われていました。

本日の講師は、片町の人気店、サントリージガバー、セントルイスのマネージャーであり
ソムリエでもある安田武史様です。
名古屋出身で金沢経済大学を卒業後、アルバイトをしていたジガバーにそのまま就職。
1999年ビーティーターインターナショナルカクテルコンペティション日本大会優勝、
世界大会でも7位入賞。その後も数々の大会で入賞を続けているお酒のスペシャリストです。
テーマは「大人のお酒のたしなみ方」
おはようございます。
朝からお酒の話ですが、よろしくお願いいたします。
まずカクテルとは何でしょう?
定義としては2種類の飲み物を混ぜたものがカクテルとされています。
言ってみれば水割りもカクテルの一種、ただビールやウイスキーと違い、どちらかというと
非日常的な飲み物、本当においしいカクテルを飲もうと思ったらバーテンダーのいるお店に
行かないと飲めないものなのです。
現在あるカクテルの種類はスタンダードなもので約1.000種類。
本にレシピが載っているものだけでも10.000種類はあると言われています。
現在でも種類は増え続け、全世界で行われるコンテストに出品される新しいカクテルだけでも毎年1.000種類はあります。
カクテルの語源は「cock tail」おんどりの尻尾という意味です。
これにはいろいろな説がありまして、アメリカの独立戦争のときおんどりの尻尾で混ぜて飲んだからとか言われていますが、本当の語源はどうもこちらのようです。
コロンブスの時代、メキシコのユカタン半島の原住民が飲んでいたおいしい飲み物を、
あれは何?と聞いたところ「コーラ・デガシュ」と答えたそうです。
彼らは飲み物をかき回していたニワトリの羽に似た木の枝の事かと思ったのですね。

さてカクテルを飲むとき、何を飲むか?
間違いないのはバーテンさんに聞く事ですが、大きく分けるとカクテルには2種類あります。
「ショートカクテル」と「ロングカクテル」です。
ショートはよく見る三角形のグラスに入ったカクテル、
これは冷たくて早く飲むためのグラスです。
手の熱が伝わらないように足がついていて、3口ぐらいで飲めるほどの量になっています。
ロングカクテルは、逆に大きなグラスにたっぷり入ったカクテルでゆっくと楽しみます。
飲む時も関係します。食前か食後か?
食前なら辛口で低アルコールのカンパリソーダ、キールロワイヤル。
さっばりとした口当たりで胃を刺激し、食欲増進に役立ちます。
食後なら、甘口のややアルコール度の高いもの。
ウイスキーやブランデーを使ったカクテルがおすすめです。

カクテルが普通のお酒と違うのはネーミングにストーリーがあるところです。
有名なのは「マルガリータ」これは1940年代に生まれたカクテルで、亡くなった
彼女を偲んで作られたカクテル、ネーミングはそのまま彼女の名前です。
「XYZ」は究極のカクテル。これ以上はないという最後の〆の一杯。
アルコール度も高く、男女の別れのカクテルとも言われています。
「ブルームーン」はすみれ色のきれいなカクテルですが「出来ない相談ね」という
意味があります。男が女をベッドに誘う時、このカクテルを注文されたら
その気がないという意味になりますね。
逆に「ミントフラッペ」は女からの誘いのカクテル「今夜は私をかわいがって」
という意味なのです。知らないで注文したら大変な事になりそうです。
最後に私のオリジナル「ジュエルハウス」これは英国の王室にちなんだ金色のカクテルで、
英国王室の宝物蔵をイメージして作りました。
ぜひ、ジガバーでご注文ください。

おいしいカクテルとは目で見て、舌で味わって、ストーリを聞き楽しむものです。
人の五感を使って楽しめるお酒。
そして幸せなマリアージュ(組み合わせ)を予感させるもの。
違うお酒が出会い、互いを引き立て合いよりおいしくなる。
なんとなく人間関係に似ていると思いませんか?
みなさん、たのしくカクテルを飲んでください。

本日の参加者は54名、51社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-12-14 16:52
 次回 第164回(第10条)経営者モーニングセミナーの御案内
 12月11日(木) 講話者は サントリージガーバー マネージャー
            ソムリエ  安田 武史 様
            テーマは「オトナのカクテルのたしなみ方」

今日も4時半起床。
5時5分より役員朝礼。
今日から司会が小柳さんから川口さんへと変わる。
事前にリハーサルを行うが、なかなか段取りが飲み込めず手間取る。
いつも見ていて簡単に出来ると思っても、いざ自分でやろうとすると
なかなか出来ないのもです。
細かい経験の積み重ねがいかに大切か、よくわかりますね。
会長あいさつでは飯山治郎会長が、倫理法人会は大人の学校ですと言われた。
人としての心を磨き、経営感覚を磨く事が目的です。
経営とは、まず自分自身を経営する事。
目的、すなわち人生の目的を決め、どう生きるか、どう人と社会と関わり、
そしてどう死ぬか、これが重要です。
一回のセミナーに参加する事は、漆の様にうすく自分に皮膜を塗り重ねる事に似ています。
なんどもなんども塗り重ねる事によって、強い自分を作って行きましょう。

本日の講師は北越ティーテック代表 堀野正明様
昭和25年生まれの58才。
13年前の45才の時よりトライアスロンを始め、今年の10月にハワイで行われた
世界トライアスロン大会に県内からただ一人出場。
朝晩をとわず仕事の合間に、犀川の河川敷や卯辰山を走り、プールに通い、
休日には自転車で100キロを走り続ける。
とてもすごい人です。

おはようございます。
うちの会社は道路の電気屋です。信号や掲示板の取り付け整備などをやっています。
私がトライアスロンを始めるきっかけは血液検査でした。
体の大切さはわかっていましたが、毎晩の片町通いのせいか結果は酷いものでした。
当時はゴルフをやっていましたが、肘と肩を痛めてマッサージに通っていました。
そこの先生に、水泳をやってみたらと勧められ始めたのがきっかけです。
その後、水泳のおかげて成人病も改善し、今度は水泳のコーチからトライアスロンを
すすめられ参加したのが、やみつきになりました。
最初は不安な気持ちでいっぱいでしたが、ゴールした時の爽快感、達成感は
なにものにも変えられません。
トライアスロンは、水泳3.9キロ、自転車180キロ、マラソン42.2キロのコースを走ります。

10月のトライアスロンの世界選手権は、ハワイのコナで行われました。
参加者は世界各地から1800人。
自転車競技だけでも6時間走り続けるため、自分は小さな一口おにぎりと魚肉ソーセージを
自転車に積み、走りながら食べました。
スポーツには2種類あると思います。
人と競い合い順位を決めるスポーツ、それと自分に挑戦し自己を克服するためのスボーツ。
私にとってトライアスロンとはまさに自分が満足するためのスボーツ。
ゴールすれば、一位でもビリでも同じ勝者なのです。
もともとスポーツの原点は、生きるため、食べるための運動から始まっています。
それが、食が達成されると、健康になるための運動へと変化します。
そして今度は自己に挑戦し、自らの心を変えてゆくための運動へと変わるのです。
皆さんも、健康管理のためにぜひスポーツをされる事をおすすめします。

本日の参加者は55名、参加社数は54社でした。
[PR]
by rinri_center | 2008-12-07 12:01