金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 次回 第188回(第17条)経営者モーニングセミナーの御案内
 6月4日(木) 講話は㈱アドバンス社トップモデル
              東山 沙織 様
               IZUMI  様
              ㈱フラップ 社長 であり
              金沢市中央倫理法人会の
              高  ゆき 副会長が対談形式でお話しを伺います
           テーマは「自分をより魅力的にみせるために」
           
[PR]
by rinri_center | 2009-05-31 14:01
 次回 第187回(第16条)経営者モーニングセミナーの御案内
 5月28日(木) 講話者は 白山市明光小学校教諭
                松下 浩一 様
          テーマは「いのちの授業 キーワードは希望です」

今朝も4時半起床。
今朝は早起きのおかげで、とても素晴らしい朝焼けを見ました。
空全体がバラ色に輝き、薄い青とのコントラストが絶妙。
思わず妻を呼び出し、しばしいっしょにながめました。
ほんの10分程度でしたが、とても素晴らしいひとときでした。
会長あいさつでは、飯山治郎会長が初めて参加の方にメッセージ。
朝の6時から歌を歌ったり、挨拶したりと変な宗教ではないか?と疑う方もおられると思います。
倫理法人会は心の経営を目指す経営者の勉強会です。
同じような勉強会もありますが、倫理法人会は毎週一回、セミナーをやっています。
それは何度も繰り返し繰り返しやって、自分に自信をつけるためです。
目標を立て、何度もやる。
自分を信じて決めた事を守る。
それが自信に繋がり、大きな事をなしとげる原動力になるのです。
ぜひ、一回ではなく続けてご参加ください。

本日の講師は、社会福祉法人梅光会 梅光保育園園長 山内ミハル様
おはようございます。
私は「金沢こころの電話」に関わって30年になります。
もともとは北陸学院の高校教師でした。
生徒指導をやっていて、いつも生徒から先生はいつも怒っていると言われました。
言い方が悪いのだろうか?
そう思いカウンセリングの勉強をはじめたのです。
カウンセリングは1950年代にイギリスの牧師さんが始めました。
その後、イギリスで組織が出来て電話を使った相談が始まります。
金沢では1974年に高校生の自殺が相次ぎ、こころの電話相談が始まりました。
最初の頃は警察の署内で部屋と電話を借りてやっていました。
週一回、土曜と日曜だけ。
34年目の今では毎日6時から9時までです。
北國新聞の記事にも紹介されました。

◎減らぬ自殺、中高年苦悩 金沢こころの電話 昨年度、相談6465件
相談者の悩みに耳を傾ける金沢こころの電話の相談員=金沢市内
「もう何もかも嫌になった。死ぬしかない」。
借金を抱えて自暴自棄になった中年男性は電話口でこう漏らした。
会社からリストラされた五十代の男性は仕事が見つからず
「家族をどう養っていけばいいのか」と途方に暮れた。
ボランティアで運営される「金沢ここ ろの電話」には、苦悩する人たちからの相談がきょうも絶えない。
 多重債務、失業、仕事のストレス、病気…。金沢こころの電話にはここ数年、
重圧や孤独に耐え切れなくなった三十?五十代男性からの相談が増えた。
山内ミハル会長は「激しい競争社会の中で、ストレスをうまく解消できないでいる。
生きづらい世の中になった」 と指摘する。
県内では昨年、二百五十七人が自ら命を絶った。動機の三割近くが経済・生活問題で、
特にここ数年、中高年の増加が深刻となっている。
金沢こころの電話に昨年度寄せられた相談は六千四百六十五件。
死や自殺をほのめかす電話は月平均三十?五十件に上る。
特に強い自殺願望を持つケースは前年度より四十二件 増の百十四件を数え、
そのうち八割は男性が占めた。
深刻な悩みに対応するため、金沢こころの電話は今年六月から月に一度、
夜通しの電話相談を行っている。
家族の目を避けてかかってくる電話の中には二時間以上に及ぶ人もい るという。
平日午後六時。相談開始とともに受信を知らせる青いランプが点滅した。
四つある回線はすぐに埋まり、相談員が受話器を置くと、すぐに別の相談が入る。
青い光は一向にやむ 気配がなかった。
「うん」「そうやね」。相談員は相づちを打ち、根気よく話を聞く。相手に心を傾け、
寄り添う「傾聴」である。意見や批判は極力しない。とことん聞いて共感することで、
混乱していた相談者も次第に自分の考えを整理し、自ら解決方法を導き出そうとする。
相談 員はその援助をするだけだ。
 六万二千七百四時間。昨年度までの三十二年間の総通話時間である。
「一生懸命に生きているのに苦しい、辛い、悲しい出来事に直面し、生きる希望を見失ってしまう。
本当に死にたい人などいません」と山内会長。第三者が共感することが解決の第一歩だと信じ、
受話器の向こうの相談者と向き合う日々が続く。

先生のお話は、大変な事をやっているのに終始淡々とした口調でした。
会場も真剣に聞かれている方が多く、カウンセリングの大切さを学びました。
本日の参加者は87名 84社でした。
[PR]
by rinri_center | 2009-05-25 12:33
 次回 第186回(第15条)経営者モーニングセミナーの御案内
 5月21日(木) 講話者は 社会福祉法人梅光会
                  梅光保育園園長
                 社団法人「金沢こころの電話」 会長
                山内 ミハル 様
          テーマは「カウンセリングマインドを持つ」

今朝も4時半起床。
5時5分より役員朝礼。
会長あいさつでは飯山治郎会長が「日本でいちばん大切にしたい会社」という本を紹介された。
好業績を維持するためには会社は誰のためにあるのかを良く考えましょう。
1は、社員と家族のため。
2は、取引先の企業のため。
3は、お客様のため。
4は、地域社会のため。
5が、株主、役員のため。
会社の事を本当に良く知っているのは社員とその家族です。
潰れた会社の中には本当に優秀な社長さんもいます。ただなんでも自分で出来るため、
社員を大切にしなかった。
そのため社員が組合を作って対立する事になり業績が悪化したと言います。
これからは「心」の経営、特に社長の心を磨く事が重要です。
本当に大切なのは業績ではなく、会社を続ける事なのです。

本日の講師は、山成商事代表 山口成俊様。
能登の100億企業のひとつ「スーパーどんたく」の社長さん。
徹底した地域密着手法で「どんたく」を大躍進させた2代目社長です。

おはようございます。
私は平成15年の春から倫理を始めました。
主張先の本屋で偶然丸山敏夫の「幸せになる法則」という本を見つけて読みました。
その後数か月過ぎたころ、芝寿司の社長さんから電話があり、
能登に倫理法人会を作ってくれと言われました。
そのとき、運命的なものを感じましたが、朝の6時からは無理だろうと・・・
七尾には倫理法人会は出来ないと思っていました。
ところがやり始めたら出来てしまった(笑)
実は奥能登に3月に法人会を作ると聞いて、これも無理だろうと思いましたね。
七尾の人口の半分しかないのに・・・ところがまた出来てしまった(笑)
しかも七尾は100社になるのに2年かかったのに、奥能登は3ヶ月で100社にするという。
スゴいなぁと思います。

私は昭和30年生まれ、54才。実家はもと魚問屋です。
私はスーパーは好きじゃなかった。こんな忙しい休みのない商売はいやだと思っていました。
でも当時でも10億の年商と沢山の従業員を抱えて潰すわけにはいかない。
今は10店舗で120億ぐらいの年商ですが、本当運が良かったなぁと思います。
イオンが出店したのが53年、ユニーが来て、平和堂が来て。
大きな波が来るたびに乗り切って今があります。
不景気は何度もありました。オイルショック、平成不況、そして今回のリーマンショック。
私は今回がいちばん大きな不況だと思っています。
でも不況だといいこともある。
1929年の世界不況の年にスーパーが誕生しました。
ワンストップで買い物が出来、セルフサービス、レジで一括会計。
まさにスーバーは不況を乗り切るための新しい商売の形だったわけです。
山火事があると大きな木は燃えてしまいますが、下から新しい木が育つ。
不況も山火事も必要悪ではないのでしょうか?
今は百貨店が大変な苦境に陥っている。価値観が変わっているんです。
「価値に比べて価格が安い」この事が大切なのです。
餃子の王将、ニンテンドー、ユニクロ。
不景気だからといってみんな悪いわけではない。
逆にがんばっているところにはチャンスです。お客様がお金の価値を実感し、
新しいところに流れるきっかけになる。
あなたの店に来たお客様は、わくわくドキドキしていますか?
五感にうったえるサービスをしているか、見直してください。
サービスは3段階あります。
初級は 言われたことをやる。
中級は お客様の先を読みサービスする。
上級は 期待していなかった意外なサービスをする。
これも社員が自発的に出来るように、そんな社風をつくりましょう。
それはルールではありません。ポリシーです。
自分の会社の仕事を社員が楽しんでやっているか、仲間と連帯が取れているか。
マラソンと駅伝の違いを考えてみましょう。
マラソンは個人競技です。やめたければ自分の判断で中止出来ます。
でも駅伝の選手は、めったな事で走るのをやめたりしません。
それは他のメンバーの夢を潰せないから、一体感があるからです。

倒産の原因の多くは、放漫経営、家庭不和、ワンマン、公私混同だと言われます。
倫理に参加する事によって、この半分くらいは回避出来るのではないかと思います。
それは倫理感のかけた事が倒産の原因であるとも言えるのです。
倫理をやって、自分の心を研ぎましょう。
すると会社の運気もあがりますよ。

本日の参加者は99名 社数は91社でした。
[PR]
by rinri_center | 2009-05-18 06:46
 次回 第185回(第14条)経営者モーニングセミナーの御案内
 5月14日(木) 講話者は山成商事㈱代表取締役
               石川県倫理法人会副会長
               七尾市倫理法人会相談役
              山口 成俊 様
           テーマは「好況良し不況また良し」

今朝も4時半起床。
というわけにはいかず、目が覚めたら5時半。
あわてて起きて着替えて出る。
5時5分の役員朝礼には間に合いませんでしたが、セミナーにはギリギリセーフ。
他の幹事の皆さんには、ほんとうに申し訳ない。
会長あいさつでは飯山治郎会長が、自分の身の回りで起こっている事は、
すべて自分の心象の現れに過ぎないと言われました。
自分のお子さんの例ですが、野球をやっている息子がなかなか打てない、
野球が面白くないと悩んでいる時、最初はなんで出来ないのか?
もっとやれ!と言っていたのですが、ある気づきから息子の今をそのまま認めることに変えました。
すると息子も変わって来て、すこしずつヒットが打てるようになり、野球が面白くなって来たようてす。
相手をすなおに認めてあげる事で、結果を出せるようになりました。
それも心が変わったから。
あなたの目の前にある物は、もとはあなたの心の中にあったものです。

本日の講師は、金沢市教育長 浅香久美子様
金沢大学医学部を卒業後、大学病院小児科を経て金沢市役所へ。
こども総合相談センター、児童相談所の所長を勤め、
2008年10月より金沢市教育委員会教育長に就任されました。

みなさま、おはようございます。
平成13年に金沢子供条例が制定されました。
それにあわせて子供を育ててゆこうという行動計画のもと、金沢市教育プラザ富樫が完成しました。
ここでは、教職員の研修、こどもに関わるあらゆる相談、いじめや虐待に関する通報を
24時間体制で受け付けています。
親子で遊べるスペースも充実し地域の子供の健全な育成活動を支援しています。
今、悩んでいる子供達は自己肯定感を喪失しています。
子供の虐待、不登校、万引きなど悩んでいる子供達は、自分がここにいてもいいのか、
大切にされているのかという強い疑問を持っています。
子供達一人一人がこの世に取って大切な存在なのだと知って欲しいのです。

私はいつもおかあさん達に聞いてみます。
子育て「たのしい」ですか?「むずかしい」ですか?「大変」ですか?と。
ここでセミナーの参加者にも手を挙げてもらう。
むずかしい、たのしいに沢山手が挙がった。
ありがとうございます。さすが倫理法人会。
たのしいで、手を挙げた方が多かったようですね。

悩んでいるおかあさん方に聞くと、むずかしい、大変だ、が多いのです。
子育てって、こんなはずじゃなかったと・・・イメージと違っていたと。
子供は大人のミニチュアではありません。
子供は常に成長します。心も体も。
もちろん大人も成長しますが、子供の成長はそれをはるかに超えています。
私は元小児科医ですが、どんな問題のある子供でも元気をくれます。
子供は人とのかかわり合いを通して、心になにか栄養をもらい、そして自分を確
立して行くのです。
親だけでなく、家族や地域の人々、友人、先生、そして自然や緑、伝統や文化と
かかわりあい、自分を作って行くのです。
子供は親の責任だけではありません、みんなで助け合って育てましょう。

「あなたは大切な存在」だと伝えるために。
1 あいさつから始めよう。声をかけましょう!
2 家族でいっしょに食事をしましょう。誰かと食べるこれは食育に繋がります。
3 子供の話を真剣に聞きましょう。
4 いっしょに体験しましょう。料理でも草むしりでもいいんです。
5 言葉で伝えましょう、あなたが好き、大切だと。
6 生きるための正しい知識を教えてあげましょう。
7 思いっきり笑いましょう。笑うと幸せのホルモンがでます。

最後に大きな花束がプレゼントされました。ありがとうございます。
本日の参加者は62名 61社でした。
[PR]
by rinri_center | 2009-05-10 15:33