金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

次回 第245回経営者モーニングセミナーの御案内
 日 時;8月5日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:兼六城下町 ホテル兼六 2F
 講話者:㈱松本コンサルタント 取締役会長
     (社)倫理研究所 法人スーパーバイザー
      松本 忠様
 テーマ:「心の経営 ~気づかぬうちに驕っている~」 

2010.7.29 第244回(第4条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は
     田村総業㈱ 代表取締役社長
     金沢市中央倫理法人会 会員
      田村 博一様
 テーマ:「私の倫理経営」 

今朝はしばらく続いた夏の強烈な猛暑に久しぶりの恵みの雨で、過ごしやすい朝。
いつも演題に飾られている季節の花。㈱伏見園の田中喜久代さんが毎回持参頂いています。その花を、いつも帰り際に購入され記念日の幹事にプレゼント頂いたり、会社に飾るからと小脇に抱えて帰るダンディな紳士。今日は、ようやく実現した待望の田村博一様の講話です。

f0042690_191195.jpg

会長挨拶では、新潟駅でのティッシュ配りの光景からの気づき。数人の若者に混じって、60才くらいの女性がティッシュ配りをしていました。他の若者達とは、明らかに違う動きで道行く人の前を遮るように動き回り、汗だくになって楽しそうに配る姿に、誰もが苦笑いしながらティッシュを受け取っていました。若者とは明らかにティッシュ配りに対する姿勢が違う。なかなか減らない若者を尻目に、どんどん配られていくテッシュ。どうせやるなら、楽しくワクワクやる。心の持ち方で相手の反応が大きく異なる事を紹介されました。

会員スピーチ

f0042690_19124752.jpg

東京都上野倫理法人会副事務長 岡田真理様
仕事の関係で全国の倫理法人会に参加し全国に倫友ができたこと。毎日の駅前清掃の倫理実践によりいろいろな人から声を掛けられるようになった事や思ったものが手に入るようになった事といった実践報告をされました。

f0042690_19132583.jpg

加賀市倫理法人会 副会長の宮竹政廣様
36年前には高校球児として、兼六園球場で活躍し、この兼六園とのご縁があること。
倫理の学びで、奥様は、お母さんやおい、でなく○○さんと下の名前で呼びなさい。と教えられ最初は気持ち悪いと言われながらも継続することで夫婦仲が良くなった事例を通じて、とにかく、新しく入会頂いた方も『継続してみること』の重要性について話されました。

本日の講話者、田村総業㈱ 代表取締役社長 田村 博一様

今朝はいつもより早く会場入りした。駐車場からの誘導をして頂いている幹事の方がまだいない横断歩道を渡りながら、笑顔で迎えて頂いている毎週のありがたさを感じた。倫理でよく顔を合わせる人がいとおしく感じるようになってきた。講話は得意でないがいつもお世話頂いている幹事の方々へのお礼として今日は受けさせて頂いた。倫理法人会入会から丸3年が経過し、利益・奉仕を掲げる団体が多い中、徳が福であるという考え方に共感し継続してモーニングセミナーに参加している。

f0042690_19145479.jpg

父は私が38歳の時に脳梗塞で倒れ、その後事業を引き継いで15年が経過した。2006年に倫理経営の開始とともに、社訓を創業者の想いを継承し今風の表現に改善した。毎年『倫理スローガン』を設定している。企業スローガン、職場スローガン、社員全員が『各位の心得』を四字熟語で設定し、その実行状況を定期的に発表することで確実な浸透を図っている。

昼食会や卓球を社員と楽しむことで、社長自ら社員とのコミュニケーションを通じて一人一人を見ることを大切に考えている。

職場の教養を使った活力朝礼を実施しており、運営方法は押し付けではなく現場の自主性に任せている。また『活力研修』という形で、部門横断的に参加者を業務として集め、職場の教養の記事に対する『本気で思うこと』の意見交換を実施している。さらに、循環朝礼という形で、部門横断型の交流を実施することで、社内の風通しがとてもよくなった。

充実した仕事は、円滑なコミュニケーションが重要であると考え、イライラ事例とイキイキ事例を定期的にレポートしてもらう『マナーレポート』を実践している。このイキイキ事例を読むのが本当に楽しみだ。あえてイキイキ事例を読み上げられた田村さんから参加者に伝えたい想いが伝わってきた。さまざまな実践ノウハウを惜しみなくご紹介頂き、田村総業のみなさんのコミュニケーションのよさを感じることができた。

利益追求だけじゃ、人生おもしろくないよね!
毎週早起きしてモーニングセミナーに通うのだから会社が変わらなければ意味がない!

朝食会でさらりと言われた言葉が、かっこいいとともに自信に満ちておられた。
誠実で律儀なお人柄と即実践に活用できる形での講話でした。
田村様ありがとうございます。

そして、連絡事項 赤丸智恵副事務長
金谷雅雄事務長不在の7月代理連絡、金谷節も最高ですが、赤丸波動もふんわりとやわらかで最高です。いつもありがとうございます。

f0042690_191885.jpg


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食700円(バイキング形式) ドリンクのみ300円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                         掲載・文:小柳雅寛 写真:赤土俊介
[PR]
by rinri_center | 2010-07-29 19:06
次回 第244回経営者モーニングセミナーの御案内
 日 時;7月29日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:兼六城下町 ホテル兼六 2F
 講話者:田村総業㈱ 代表取締役社長
     金沢市中央倫理法人会 会員
      田村 博一様
 テーマ:「私の倫理経営」 

2010.7.22 第243回(第3条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は
     (有)美福 代表取締役社長
     金沢市中央倫理法人会 幹事
      村上 義明様
 テーマ::「一歩一歩」 

今朝は梅雨も明けて快晴で清々しい気持ちのいい朝、活気に溢れるモーニングセミナー。
会場では、美福さんのどらやきが、「本日はご参加ありがとうございます」というメッセージ付きで向えてくれました。今日の参加者は朝からツイてます。

f0042690_20413430.jpg

会長挨拶では、息子さんが出場された中学硬式野球ボーイズリーグの第1回日本少年野球北國新聞社旗争奪北陸大会での劇的な準決勝でのサヨナラヒットでの逆転勝利。そして、決勝でのあと一歩及ばずの敗戦から、『あきらめないという気迫』まさに、今日の輪読『運命自紹』やればできるという気持ちを持ち続けてねばる事の重要性について紹介されました。

f0042690_2042961.jpg

会員スピーチでは、ダウンタウンアミューズメント(有)小幡謙二 普及拡大委員長から倫研新報に掲載された石川県倫理法人会有志による台湾訪問に関する報告がありました。
台湾でも八田與一の生まれ故郷の石川県から来たことを告げると大歓迎頂き、その偉業を実感すると共に、台湾でも日本と同じスタイルでモーニングセミナーが行われていること、国を超えた倫理の学びについて報告がありました。
また、新入会員で新しく金沢市中央の幹事として加わった、フォトグラファー赤土俊介氏、みずほ証券金沢支店 千明公司さんの紹介がありました。

f0042690_20424527.jpg

本日の講話者、(有)美福 代表取締役社長 村上 義明様

金沢市中央の幹事で、早朝の仕込みの合間を縫って、役員朝礼のみ参加されている素晴らしい方です。倫理法人会への入会は金沢市中央が開設する半年前と古く、役員朝礼の1分間スピーチがいろいろな人の価値観を感じられることから大好きで、役員朝礼だけでも参加されています。最近は役員朝礼から1分間スピーチがなくなって寂しく感じているそうです。

東京での3年の修行を経て、先代の和菓子屋を継承しました。
父は大変な苦労人で、10年間の和菓子屋での丁稚奉公を経て27歳で創業しました。
昔の職人の世界は、和菓子の配合さえも教えてくれず、竿秤の分銅を粉で読んで技を盗んだそうです。

美福の福は、しめすへんが正式なのですが、芝寿司の梶谷会長との出会いのときに、22画で字画が悪いと指摘頂き、その後、休憩時間にわざわざ23画にすると大吉になる事を、初対面の若者であった自分に指導頂きました。父にその旨を伝えると、創業当時の漢字は、しめすへんの福であったが、その後、手違いで福に変わった事を知ったそうです。
それ以来、正式名称は、しめすへんにしています。
そして、商業界石川県同友会と倫理法人会の活動に参画しています。

継承時から、和菓子専門店にしたいと強い思いをもっていました。
そして、1990年に改装し、和菓子専門店を実現しました。
『夢を持ち続ける』と、さまざまな後押しがやってくる事を感じました。

現在は、『だんご』と『どらやき』に力をいれています。
柱になる商品は、変わりすぎるとお客様に受け入れられない。
安心感のある商品が買って頂ける商品であると考えています。

帯にメッセージを入れることで、生活の一場面を提供する
贈り物にお客様の心を添えてお届けする
そんな考えで、メッセージ印刷を始めたところ、共感頂くお客様に大好評を頂きました。

f0042690_20432338.jpg


『人の心の美しさを満たそうよ』
   小さな店であることを
   恥じることはないよ
   その
   小さなあなたの店に
   人の心の美しさを
   一杯に満たそうよ
     (岡田徹詩集より)

和菓子を通じて、人の心の美しさを満たす村上さんの志が会場一杯に広がりました。
ありがとうございます。

セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食700円(バイキング形式) ドリンクのみ300円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                         掲載・文:小柳雅寛 写真:赤土俊介
[PR]
by rinri_center | 2010-07-22 20:38
次回 第243回(第3条)経営者モーニングセミナーの御案内
 日 時;7月22日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:兼六城下町 ホテル兼六 2F
 講話者:(有)美福 代表取締役
      村上 義明様
 テーマ:「一歩一歩」 

2010.7.15 第242回(第2条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は
     株式会社金沢寿屋 代表取締役社長
     金沢市中央倫理法人会 会員
      山縣 秀行様
 テーマ::「創業100年に向けて」 

今朝も梅雨空で小雨がぱらつく中、元気な経営者が集まり会場は清々しい空気でスタートしました。

f0042690_18141830.jpg

会長挨拶では、ある企業の3つの戦略
・新卒採用が企業のパワーになる (20年継続)
・ブラザーズ、シスターズ制度で社員定着率を上げる (10年継続)
・ほめカード (18年継続)
に関する取り組みについて紹介があった。素晴らしいのは、それぞれの取り組みを一貫して
継続されている点。やると決めたら徹底して継続することの大切さを紹介されました。

本日の講話者、株式会社金沢寿屋 代表取締役社長 山縣 秀行様

f0042690_18153324.jpg


創業90周年、寿屋といえば精進料理。
初代は、つば甚で修行し独立。法事を中心に精進料理の店として発展してきた。
3代目の父は、広告会社勤務を経て、生まれながらの後継者であったが、
人の不幸の法事の精進料理がいやでいやでしょうがなかった。
しかし、その広告会社での経験を活かして、素材を活かした会席料理で大ヒット。
築150年の町屋を活かした建物の改築に悩んだあげく、古民家再生にこだわり
今の建物を残した。そして、現在は、金沢市指定保存建造物となった。

そんな3代目の娘婿として、5年前に店に入った。
4月に入社して、父は『店をみてやって欲しい』と安心したかのように、6月にこの世を去った。
100周年までの10年、次の100年への土台作り、第2の創業ととらえ
残すものと捨てるものを決め、次の時代を見据えた種まきをやってきた。
名づけて『寿屋アップデートプログラム』

『金澤らしさ』とは何でしょうか?

東京らしさが、あるものを壊してないものを創る文化
京都らしさが、あるものを保存維持する文化
とすれば
金沢らしさは、あるものを活かしてないものを創る文化
であると考えています。

『和』だけではない、『金澤モダニズム』
若い世代に料亭を身近なものに!
金澤クラッシック、挙式・披露宴、誕生日、記念日にぜひ金澤らしさを体験してみてください。

金澤に『寿屋』がなくてはならない存在になることが次の100年に向けた土台作りと考えています。
http://www.kanazawa-kotobukiya.com/index.html

全くの異業種から、創業90年の歴史ある料亭を後継者として引き継いだ山縣様の
亡き義父様への想いが伝わってくる講話でした。
ありがとうございます!


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食700円(バイキング形式) ドリンクのみ300円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                              講話記録  小柳 雅寛
                              写真撮影  赤土 俊介
[PR]
by rinri_center | 2010-07-15 18:18