金沢市中央倫理法人会


by rinri_center
次回 第272回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;3月3日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者: 遊墨民KAZU 
       森秀一
テーマ:「見えないところに学びがある」

*************************************************

 日 時;2月24日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者: ほんわか寺小屋 主宰
       金沢市北倫理法人会会員
       坂本茂樹
 テーマ:「現代のヒーローとは」

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_1451120.jpg

この倫理法人会とは、当たり前のことを当たり前にやることを基本としている、
というお話をされました。
初めての方にもあいさつを当たり前に気持ちよくすることで
いろんなことがスムーズにまわっていきます。

【新入会員スピーチ】 金沢市中央倫理法人会 会員 北幸栽 様
f0042690_14564770.jpg

道徳心ある社会創りのために倫理法人会で学ばせて頂きます、
という気持ち良いお話をしてくださいました。


【会員スピーチ】 金沢市中央倫理法人会 藤下修 幹事
f0042690_14545431.jpg

丸山敏雄先生によって創設された秋津書道会で書を学んでいます。
いつもみなさんと食事の前後に唱和する
「天地に・・・」を会員から頼まれ、みなさんの『家庭に愛を』の想いをこめて
書として表してみました。
とても好評でしたので今回コピーし、みなさんのお手元にお配りしました。
ぜひ、ご家庭でも倫理の実践に役立てば光栄です。

とのことでした。


【講話者紹介】 金沢北倫理法人会 ダイエットあい 尾川氷呂子 監査
f0042690_1532657.jpg

「会社を辞めて、夢に向って好きな事を仕事にされている素晴らしい方です。・・・」と
今回の講話者の坂本さんが「僕が話たかったことの3分の1は話してくださった。」
といわしめたほどの紹介でした。


【講話】
本日の講話者は、ほんわか寺小屋 主宰 金沢市北倫理法人会会員 坂本茂樹様です。

f0042690_15112076.jpg


坂本さんの第一声
『はいっ!』
の素晴らしい返事と
『みなさん、おはようございます』
の元気な挨拶が とても好印象でした。

坂本さんは ”ほんわか寺子屋”を主催されています。

そこでは
・パーソナルポートフォリオによる自分のよいとこ探し
・集団的無意識をベースとしたワークショップ
・肩の力がぬけた ほんわかとした雰囲気

等のセミナーを開催しているとのことです。

坂本さんはかつて IT企業のサラリーマンでしたが、
脱サラ、事業失敗、離婚、息子さんのひきこもり等の
様々な困難を経験されましたが、

”パーソナルポートフォリオ”  という

自分を好きになるためのツールを使い、
自分を大好きになることで人生が好転していった
経緯を主な講話内容とされました。
f0042690_20445531.jpg

・自分を好きになることの重要性
・幸せに気付くとは自分を見つめ直すこと
・もっと自分の価値、また回りの人の価値に気付くこと

が、すべての人に必要であることを熱意を持って話されました。
また、小学校5年から高校1年まで 
ひきこもりだった息子さんが、
坂本さんがご自身を好きになることで
息子さん自身に変化が起き、ひきこもりから
脱することができたことを詳しく語られました。 
そこから大学合格するまでの話によって、一時会場が静まりかえり
聞いている私たちに感動を与えました。

終了後、他会員さんからは
”今日の話を聞いて自分の息子に対する態度で反省すべき点が
いっぱいあることがわかった。気付きをもらってよかった。”

と しんみり涙を浮かべていた方もいらっしゃいました。
f0042690_20432172.jpg

最後に坂本さんは 会場のみなさんに

”自分が言ってもらってうれしい言葉はなんですか? 
その言葉をまわりの人にも言ってあげてください。
きっとより良い人間関係が出来ますよ。”
と締めくくられました。

私の言って欲しい言葉は    ”いつも 輝いてるね”  です。
さて、皆さんはいかがでしょうか。

坂本 茂樹 様、ありがとうございました。


モーニングセミナーへの皆さまのご来場をお待ちしています。

セミナー入場無料! 
   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   皆さまのご来場をお待ちしております。

                         掲載・文:南部一美  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-02-25 20:48
次回 第271回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;2月24日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者: ほんわか寺小屋 主宰
       金沢市北倫理法人会会員
       坂本茂樹
 テーマ:「現代のヒーローとは」

*************************************************

日 時;2月17日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:エッセイスト
       水野スウ 様
 テーマ: 『ほめ言葉のシャワー』
f0042690_8554617.jpg


【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_8552910.jpg

プラスティク商品の製作日数が、取引先によってばらつきがあるのはどうしてかとい
う話をされました。この日の講話者は水野スウさん。少しでも長く講話をしていただ
きたいという配慮から、何と1分少々の短い会長挨拶でした。この前代未聞の珍事に、
会場が爆笑につつまれました。

【会員スピーチ】 高 よしはる様
f0042690_8575544.jpg

【講話】
本日の講話者は、エッセイスト 水野スウ 様です。
f0042690_856572.jpg

「私は皆様みたいに声が大きくありませんので、マイクの力を借りてお話させていた
だきます」という言葉から、講話が始まりました。
水野さんは毎週水曜日の午後1時から6時まで、津幡にあるご自宅を開放されています。
「紅茶の時間」と呼ばれるオープンハウスで、もう28年間も続けられているそうです。
水野さんは「あまりはやっていない、喫茶店みたいなところ」とおっしゃっています
が、この28年間で誰も来なかった日は一度もないのは驚きです。実は今年の2月はじ
めの大雪の時にお邪魔させていただいたのですが、その時も私を含め5~6名の方が来
られたと、水野さんはブログに書いていらっしゃっていました。
もともとは娘さんが生まれた時に、他の親たちとわいわいと一緒に子育てできればよ
いなあという発想のもと、ご自宅を開放されたのが「紅茶の時間」の始まりだそうで
すが、今では当時の子育て仲間だけでなく、いろいろな方が来られるようになり、ま
た毎週同じ顔ぶれにはならないそうです。
水野さんは「紅茶の時間があまりはやらないことは、私にとっては都合のよいこと」
とおっしゃっていました。それは人の話をゆっくり聴けるから。お客様がいっぱい話
をされ、来る前と帰る時とでは明らかに表情が変わって、気持ちが軽くなって帰って
行かれるのが楽しいからだそうです。
また紅茶の時間には心の病で薬を飲んでいる方や、悩みを持っている方も来られます。
言いたい事や話したい事がなかなか言えなかったり、聴いてもらいたいことを聴いて
もらえなかったりすると、気持ちが便秘します。体の便秘も苦しいですが、気持ちの
便秘もとても苦しいものです。「聴いてもらえるということは、自分がとても大切に
されていると感じること」だとおっしゃっていました。心の苦しい方や辛い人が来ら
れた時、水野さんは初めは「何かしてあげなければ」、「助けてあげなければ」と思っ
ておられたそうですが、それが間違っていることに気づかれたそうです。
f0042690_8592414.jpg

「ほめる」というと、例えば「大学入試に合格したから」ほめるということがありま
す。このように「した」、「できた」、「結果を出した」などに対してほめることを、
水野さんは英単語の「do」と表現されています。ほめると言えば世の中はこの「do」
ばかりが氾濫していますが、一方、水野さんの言うほめるに、英単語の「be」があり
ます。「be」は「ある」、「いる」など「do」に比べたら目立たないけど、水野さん
はこの「be」がないと「do」もできないし、この「be」が大切とおっしゃっていまし
た。
ありのままをほめる、きわめて日常なその状態をほめるということです。「あなたの
髪型、すごく似合っているね」、「あなたのその不安な気持ち、わかる気がするよ」
といったように、ありのままを受け入れる。「ほめる」というより、「認める」といっ
たほうがわかりやすいような気がします。
紅茶の時間でも話し手であるお客様と聴き手である水野さんの会話が、たんたんと平
行線のまま続いてゆきます。そこではこうしなさいよといった上から目線のアドバイ
スや、自己啓発セミナーなどで定番のプラス思考の話も、「がんばれ」という言葉す
ら出てきません。なのに相手の方が安心した表情で水野さん宅を後にするのは、いか
に相手の方の話を聴き、相手の方を「受け入れる」、そして「認める」ことが大切な
のかを教えてもらったように思います。

水野さんは6年前から月に1回、紅茶の時間とは別に「コミュニケーションの練習の時
間」という勉強会を始められました。また様々な所に呼ばれて(水野さんは紅茶の時
間の出前とおっしゃっています)講演に行った時に、参加者の方々に「あなたが言わ
れて、嬉しい言葉は何ですか?」、「自分がどんな風に言われたら嬉しいですか?」
ということを問いかけてこられました。そこで集まった何千もの言葉を1冊の本にま
とめたのが、「ほめ言葉のシャワー」という本です。いわば水野さんのいう「be」が
たくさん詰まった本です。
この本は兵庫県の西宮に住んでいらっしゃる娘さんと協同で作られました。本屋さん
などの一般流通を介さず、口コミでどんどん広がり、やがてテレビ番組でも取り上げ
ら、今では発行部数4万部を数えた物凄い本です。一時期は印刷が追いつかず、かっ
て私もこの本を手に入れるのに何ヶ月も待ちました。水野さんは「ほめて伸ばす本」
と勘違いされた方の話、「マイワークス」という会社を立ち上げられた娘さんの話な
ど、この本にまつわる様々なエピソードを話されていました。
最後に水野さんが伝えたいことをまとめた、「贈り物の言葉」という歌を歌われて、
講話を締めくくられました。
f0042690_8595097.jpg

朝食会場で「ほめ言葉のシャワー」にサインをしてもらおうと水野さんに本を差し出
すと、私の名前をフルネームで漢字まで覚えていて下さっていたのには感激しました。

モーニングセミナーが終わってから、水野さんに「水野さん、歌声がきれいですね。
でも先日聴いた時と、ちょっと感じが違ったような気がしました。」と言うと、「緊
張していました。」と、おっしゃっていました。

                             掲載・文:田中千博 写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-02-21 21:38
次回 第270回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;2月17日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者: エッセイスト
       水野スウ
 テーマ:「ほめ言葉のシャワー」

*************************************************

日 時;2月10日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:MUSIA soft代表
      小松市倫理法人会 幹事
      長澤 幸乃 様
 テーマ:「歌のおくりびと」

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_18384011.jpg


【会員スピーチ】 金沢市中央倫理法人会 小柳 雅寛副専任幹事
f0042690_18385823.jpg

石川県倫理法人会のHPの全面リニューアルについて紹介があった。
http://rinri-ishikawa.com/index.html

【新入会員スピーチ】 酒の井なみ屋 井波 成英様
f0042690_18391644.jpg


【講話者紹介】 小松市倫理法人会 こまつ自動車学校 河越邦夫様
f0042690_18392854.jpg


【講話】
本日の講話者は、ムジカソフト 主宰 ソプラノ歌手 長澤 幸乃 様です。
f0042690_18403524.jpg

■おくりびと;富山発、OAKSに原作
●歌のおくりびと
テレビ金沢制作。日本テレビの目に留まり全国放送された(2010/2)

■ガン患者の6カ月を綴ったドキュメント
→ 金沢市の城北病院;患者のワガママを聞いてくれる数少ない病院。そこに取材に来ていた
●ソプラノの生徒(コーラスグループ)が入院していた(坂下 トキワさん)
→ 乳がんに罹患。時々、練習を休むように
→ コーラスグループの仲間が亡くなり葬儀に一緒に参列
●そこでは、読経も無く、アメージンググレースが、繰り返し流されていた。
●私の時も、同じようにお願いね (音楽葬のお願い)
→ 白山登山
●その2週間後、再発。脳に転移してた

■倒れた年、明けて三月
一枚のノートに、遺言・・・・
「私が死んだらお経は要らない
音楽で長澤さんにおくってもらいたい」
困惑した私は、冗談めかして話しかけたら、
次のようにゆわれた
●私、脳腫瘍ねん・・・
喋れんくなるかもしれん・・・
今の内に、ちゃんとしてる内に、アンタに頼みたいんや・・・

■死にゆく様を、考える
自分の死に方、送られ方を、考えたこと、ありますか?
●二ヶ月、悩み続けて、過ごした
●彼女の好きな歌を、いつも枕元で歌ってあげた
●6月には、言葉も出なくなって来た・・・
●死ぬってことを見据えて、やってかなきゃならないのかな・・・苦しい
まだ生きてる人の、死を、なんでいまから考えなきゃ、いけないのかなと。

■病室で彼女の為にコンサート
みんなが笑って帰れる、そんな葬儀にできないかな・・・そう考えるようになってきた
→ コーラスグループに話しを持ちかけた
●みんな「そんな悪いんか!」と驚くが、
キモチが固まった
→病院内でコンサートしよう!
●恥ずかしい演奏は出来ない!
その思いで、必死になって練習した
●コンサート;大変喜んでもらえた
●ハンドベルやってる→これもやろう!
曲を作った
●最後の三ヶ月は、まばたきだけ・・・
「でも、耳は聴こえてるよね!」と信じ、歌い続けた
●サカシタさんの半生を綴って残そう
写真を集め、趣味の登山の記録も集め、完成
f0042690_1841327.jpg

■サカシタさんの葬儀の時がきた
サカシタさんを、おくる歌を歌った
雪山賛歌の歌で、見送った・・・
●ご主人;皆さん、拍手で見送って下さい
200人の参列者とともに歌い、拍手

■昨年、交通事故にあった
バスのどてっぱらにドスンと・・・
→ 死は、呆気なくやってくるんだな・・
●九死に一生を得て、改めて実感したこと
「ああ、私は幸せだった・・よかった」
そう思える人生を、送って行きたいと感じながら、これから生きてゆきたい

長澤 幸乃 様、ありがとうございました。


モーニングセミナーへの皆さまのご来場をお待ちしています。

セミナー入場無料! 
   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   皆さまのご来場をお待ちしております。

                         掲載・文:越坂 昇  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-02-17 18:42
次回 第269回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;2月10日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:MUSIA soft代表
      小松市倫理法人会 幹事
      長澤 幸乃 様
 テーマ:「歌のおくりびと」

*************************************************

日 時;2月3日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:(社)倫理研究所 参与
     三好 雅典 様
 テーマ:「壁を破る」

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_1138513.jpg

先日は数年ぶりの大雪に、北陸はJRも止まるほどで当社の物流にも大きな影響がありました。朝到着予定の荷物が夜まで届かなかったり、オープン当日のお客様に荷物が届いておらず、急遽、社員が機転を利かせて自ら大雪の中、自社の在庫を配達してぎりぎり間に合わせたりと、そんな時こそ日頃の何気ない事のありがたさを再確認できました。
また、役員朝礼の際に、本日の講話者の三好様から、役員朝礼は『お祓い』のようなものですよとお聞きし気持ちを新たに、一日のスタートを朝礼で切り替えることの大切さを再確認しました。

【会員スピーチ】 金沢市中央倫理法人会 小柳 雅寛副専任幹事
f0042690_1139646.jpg

昨日開催された幹部研修に関しての報告がありました。我々幹事には月に一度報酬が頂けます。それは、お金の報酬ではなく幹部研修での心の報酬です。『天職に一生を捧げよ』というテーマで、三好様に講話を頂き『仕事とは、世の中の人々に感謝のしるしとしてやるものだ』といった気づきを頂きました。まさに、最高の心の報酬を体感できた幹部研修でした。先日のナイトセミナーに初参加頂いた数名の方に、今日の三好様の講話をぜひ聞いて頂きたいとお伝えし、今朝もご参加頂きありがとうございます!最高の講話が聞ける事をお約束します。

【講話】
本日の講話者は、(社)倫理研究所 参与 三好 雅典 様です。
f0042690_11563955.jpg

経営とは変化対応業です。
今、多くの経営者が企業規模を問わず、経営環境が大きく変化する中で様々な壁に直面しています。それはあたかも、変化そのものが壁になっているばかりでなく、また新たな壁を、次から次へと自らが、招いているかのようにさえ見えます。この壁を破るには、その原因を明らかにして、倫理実践に取り組むことが大切です。

「企業は人なり」というだけに、人の問題こそが大きな壁となって経営者の前に立ちはだかっていることが多い。さらには家族の問題があり、健康の問題もある。いい社員とは積極的な経営者についていくものです。
f0042690_12134195.jpg

『社風は一生の陰』である。
社長が社員を見抜くのに3年かかるが、社員が社長を見抜くのには3日といわれます。

壁を破るのは本気力であり立場を自覚しないと、そこで気づくべきことに鈍感になって対応できなくなります。逆に立場の自覚が高ければ、変化には敏感であり十分に対応できるものです。
恩意識こそが立場の自覚を高める。その基本が、両親への感謝の思いです。

三好 雅典 様、本当にわかりやすく魂にしみいる講話をありがとうございました。


モーニングセミナーへの皆さまのご来場をお待ちしています。

セミナー入場無料! 
   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   皆さまのご来場をお待ちしております。

                         掲載・文:小柳 雅寛  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-02-05 12:22
次回 第268回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;2月3日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:(社)倫理研究所 参与
      三好 雅典 様
 テーマ:「壁を破る」

*************************************************

日 時;1月27日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:日本将棋連盟奨励会三段
     87、88年将棋アマ王者
     鈴木 英春 様
 テーマ:「将棋、60歳からのプロへの再挑戦」

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_1236193.jpg

昨日のナイトセミナーに多数のご参加を頂き、昨夜に続いて今朝も多数の方が参加下さりありがとうございます。昨日は、金沢市中央倫理法人会歴代の会長中崎さん小原さん飯山さんから、大変有意義な事を話して頂きました。3代目会長の飯山さんから話がありましたことを一部紹介します。

人が変わる、人が伸びるのは、徐々にでは無く、一気に伸びるのである。
その3つのポイントは
1.実績づくり、成功体験  何か自分でやった
2.環境            学べる場にいること  
3.思い・信念         どうやっていくか
モーニングセミナーに参加し、朝を充分に活用するこの環境が、人を一気に伸ばすのではないでしょうか?

また、今朝は鈴木英春様の話が聞けます。大変に楽しみです。これからもモーニングセミナーに参加し皆さんで、朝学に取り組みグンと伸びようではありませんか。

【会員スピーチ】 金沢市中央倫理法人会 赤土俊介幹事
f0042690_12382285.jpg

写真を生業としてます、当会幹事の赤土俊介です。ブログの写真も担当しています。昨年暮れに金沢市中央倫理法人会の強化月間で平均参加社数日本一を目指す隊長(通称ドングリ隊長)をしました。昨日のナイトセミナーで、2代目会長の小原さんから、実践体験が成功体験となり、やれることがいろいろな自信となるを聞き、改めて体験できた事が大変有意義だと実感しました。倫理法人会は、人との結びつき、またいろいろな体験ができます。鈴木英春さんの将棋の話も興味深く聞きたいです。

【会員スピーチ】 金沢市西倫理法人会 テルメ金沢 素都潤子さん
f0042690_1239498.jpg

鈴木英春先生とは20年前からの知り合いです。将棋連盟のアマ大会が、あり優勝されました。当時は東京代表で出られていましたが、1999年金沢に移住され、子供たちの育成に努められました。現在は晩成塾とテルメ金沢でのテルメ道場で指導をされつつ、自らプロへの再挑戦を目指しておられます。今日のテーマの『将棋、60歳からのプロへの再挑戦』を楽しみに聞きに参りました。また、4月にテルメ金沢で、初めての大会も開催します。興味のある方は、是非ご参加下さい。
と、優しい語り口と笑顔が印象的な素都会員が講話者紹介をされました。

【講話】
本日の講話者は、鈴木 英春様です。
f0042690_12402120.jpg

1950年神奈川県に生まれました。将棋との出会いと今までの人生とを話します。
中学の時、将棋を始め、ご縁があり坂口9段に入門しました。以後16年間(15歳から31歳)を日本将棋連盟奨励会で過ごしました。その間の禅との出会いにより、私の人生のもう一人の師匠との出会いにつながりました。
棋士の資格である四段を目前に、1981年年齢制限により三段で退会しました。その間の経緯が当時の『名人への遠い道』(NHK特集)や銀河ドラマ『煙が目にしみる』(川谷拓三主演のモデル)というタイトルで放送されました。大会後三年は、将棋から離れましたが、自分には将棋しかないと、将棋の世界に復帰しました。全くの独自の新戦法『かまいたち』をひっさげ、1987年から88年に2年連続アマ王将を獲得、1989年には、グランドチャンピオンになりアマナンバーワンになりました。

60歳からのプロへの再挑戦は、自分で決めたこと、やり通すために必要な物、我慢するものを分ける。あらたな戦法をひっさげ30年ぶりに挑戦を決意しました。今晩東京へ対戦のために夜行で行きます。

発想を変えれば出来ることを示したい。もうダメだと言うときは、若さを失うとき。

と、それまでは、参加者にわかりやすく将棋の名人とアマの大会の内容、スランプにおちいった話、やろうと決めてやりきった話、乗り越えた大変な経験をお話しして頂いた鈴木先生が、にこっと満面の笑顔になられた様子に多数の方が鈴木先生のファンになったのではと、感じたのは私だけでは無いのでは。。。
f0042690_1385388.jpg

鈴木英春先生ありがとうございました。

鈴木英春先生は、現在は北國新聞夕刊将棋欄/観戦記執筆。
晩成塾 毎週土曜日午後1時から6時
      金沢市高柳町10-1-13 アパウエスト1番館1301号室
      電話076-253-0136
テルメ道場(テルメ金沢4Fラブゼ内)毎週水曜日午後3時から9時
でお会いできます。

モーニングセミナーへの皆さまのご来場をお待ちしています。

セミナー入場無料! 
   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   皆さまのご来場をお待ちしております。

                         掲載・文:田中喜久代 写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-01-28 12:58
2011.1.26 ナイトセミナー

本日は、ナイトセミナー
ナイトセミナーは、早朝6時のモーニングセミナーは、朝が弱いので参加しずらいなぁといった方に倫理法人会とはどんなものかを知って頂くために夜に開催されるセミナーです。

今回は、金沢市中央倫理法人会をモーニングセミナー年間日本一へと導いた歴代会長
初代会長
石川県倫理法人会 会長
株式会社かあてんや 代表取締役社長 中崎行雄様
f0042690_10173328.jpg

2代会長
石川県倫理法人会 幹事長
株式会社オハラ 代表取締役社長 小原繁様
f0042690_10175738.jpg

3代会長
石川県倫理法人会 研修委員長
金沢市中央倫理法人会 相談役
中小企業経営のガッツ 代表 飯山晄朗様
f0042690_101818100.jpg

に 『日本一への道』 というテーマでシンポジウム形式でお話頂きました。

石川県倫理法人会は、モーニングセミナーの参加社数なんと25カ月連続日本一なんです。

その最初に日本一をやったのが、中崎会長。
意識した集客は全くやっていない中での金沢市中央倫理法人会会長として最後の月、8月から日本一への道が始まった。

2代会長の小原幹事長は、狙って日本一をとりに行った。
倫理法人会に参加されている経営者は、自らの会社を良くするために参加している。
倫理法人会で『その人の強みを活かす』実験をさせて頂いた。
リーダーは、できるかわからなくても『やる』と決めることが重要である。
言い続けると中身がついてくる。
さまざまな役者が登場し、『小原さんを日本一にしようよ!』という想いが現実化した。

その時、専任幹事として中心で活動していたのが、3代会長の飯山相談役だ。
一番とそれ以外は大きく違う。
一番は覚えていても、それ以外では覚えて頂けない。これを倫理法人会で実践した。
他県からの見学のお客様がしょっちゅう訪問されるようになり、他県でも『金沢市中央』の名前は誰もが知る存在になった。
サポートする立場から、小原幹事長の勧めで会長というトップの立場を経験させて頂いた。
日本一を守る立場での、景色はまったく違うもので貴重な体験をさせて頂いた事に感謝している。
f0042690_10544732.jpg

ビジネスにおいては、生き残るのは『特色がある店』か『地域一番店』である。

性格がバラバラでいろいろなタイプの人達の集まりの組織で、その人の一番良いところに光を当てて役割を明確に意識してもらう。それぞれの良さを組み合わせた時、人は一気に伸びる。

『かけがえのない人間になるためには、人と常に違っていなければならない』
違っていると言っても、人間関係の基本原則を学ぶことは重要であり、その場が、倫理法人会のモーニングセミナーであると考えている。

会場は、倫理法人会のセミナーに初めて参加された方が多く、その後のお酒も用意された懇親会で活発な名刺交換と意見交換が行われました。

ご参加頂いたみなさまありがとうございました!

セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                             掲載・文:小柳雅寛  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-01-27 10:01
次回 第267回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;1月27日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:将棋 晩成塾 日本将棋連盟奨励会三段
     87、88年将棋アマ王者
     鈴木 英春 様
 テーマ:「将棋、60歳からのプロへの再挑戦」

*************************************

2011.1.20 第266回(第9条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
㈱林農産 代表取締役社長
     林  浩陽 様
 テーマ:「食といのちの大切さを伝える」

【会長挨拶】 金谷 雅雄 副会長
f0042690_1213820.jpg

本日は西川会長が体調不良でお休みのため代理登板させて頂きます。
先日ある会の懇親会への参加者にお声掛けした際に、うれしい体験がありましたのでお伝えします。彼は遠方からの参加で電車で帰宅する際に酔っ払って乗り越してしまった経験があるため、最初は断られていました。しかし、最終的には熱意が通じ当日懇親会に参加されており、ご挨拶に伺ったところ、妻に送ってもらい、妻は金沢で映画鑑賞をし、私は好きな酒を存分に楽しみ、帰りは夫婦でそれぞれの感想を語り合う事ができる。こんなチャンスをあなたのお声掛けで頂く事ができた。誘っていただき感謝します。と言って頂いた。
倫理を学ぶ前の自分であれば、『声を掛けて頂いたので参加してやった』という思いになり、そういった言葉を使ってしまっていた事に気がついた。倫理の良さを伝える際にも、最近『あの時誘ってくれてありがとう』という体験が増えてきた。目の前の出来事をプラスにとらえる姿勢を学ぶと共に、どんどん倫理の普及にもお声掛けをしていきたいものですね。

【会員スピーチ】 石川県倫理法人会広報委員会 田村 隆 広報委員長
f0042690_12133299.jpg

広報委員会で進めてきた、普及拡大用のパンフレットが完成しました。公開コンペで採用されたのは、金沢市中央の会員であるネットワールドさんです。ネットワールドさんは、入会から1年も経過しておらず、倫理法人会の活動に染まっていない観点からまだ倫理を知らない方へこの良さをどう伝えるかといった観点でパンフレット作成に取組んで頂きました。このパンフのモデルは全て倫理法人会の会員さんです。みなさんキラキラ輝いています。この倫理のすばらしさをまだ知らない方々に伝えるツールとして活用頂き、1200社達成に向けてみなさんのご協力をお願いしますとあいさつがありました。

【講話】 
本日の講話者は、林 浩陽様です。
f0042690_1214067.jpg

農家に生まれたものの、デザインの勉強をしてきて学校卒業時に父に進路について相談した時、『自分の道を行け!』と言われて、本田技研のデザイン部門に入社しました。
ところが、入社式の日にその父から『今すぐ会社をやめて農業を継いでくれ!』との連絡があり、会社生活に半年で別れを告げて農業をはじめました。
デザインも農業もものづくりは同じと思っていましたが、やってみたら全く違いました。当時の農業は、コンセプトなきまま作物を作っていました。

試行錯誤を続ける中で、『1400万円の手形不渡り』に遭遇します。不渡り手形の現物をお持ち頂き、参加者に回覧されました。当時は債権者会議に乗り込んで、少しでも回収してやると意気込んでいましたが
そんな事をしても時間の浪費でしかない。商品を売りなさい。との恩師の言葉に餅の販売に注力しました。

そんな中、大規模経営、パソコンの導入、デザイナーからのUターン等が認められ農林水産大臣賞を受賞しました。農業補助金に頼らない農業を目指していた私にとって、行政から賞をもらうのは嫌で、受賞によって県庁への挨拶回りなどにも反発していました。全国で農業関係の賞は500以上あるのですが、なんと天皇杯を受賞してしまいます。30歳になったばかりの欲しくないアンちゃんには、反発があるだけでした。
しかし、天皇皇后両陛下にお会いし10分程話す機会があったことはとてもよかった。

天皇杯をぞんざいに扱った結果、ばちがあたり、母が乳がんになったり、バイクで転倒してアバラ骨を5本も折って入院することになりました。病院の白い天井を眺めて『一体これはなんなんだ?』と考えました。
たどりついた結論が、『天が私に食と命の大切さを伝える使命を与えている』でした。そして「みなさんのお陰で生きていられること」を痛切に感じました。

退院後は子供達への稲作体験授業、各種講演活動に取組み、農業について語るようになりました。ある小学校で食育授業をしたときのエピソードです。野菜のおもちゃと本物の野菜を前に、子供達に食べられるものはどっちだと考えてもらいます。当然、子供達はおもちゃの野菜は食べられないというのですが、違いについて真剣に考えてもらいます。その違いとは『本物には命がある』という事です。食事の前のいただきますとは、『命をいただきます』という意味なのですと伝えています。
そんな説明をしていると、ある子が『林さんの話を聞いたことがあります』と言ってくれました。なんと、保育園で話した内容を、子供達は6年経過してもしっかり覚えているのです。
f0042690_12143335.jpg

さまざまな食のアドバイザーをやりますが、親達は食育の重要性を伝えると、学校で朝食も出してください。
と真顔で発言する人が増えてきているのが実情です。

私の活動は、50mプールを割り箸で回しているようなものですが、10年続けてきて確実な変化は感じています。これからも、子供達に食といのちの大切さを伝えていきます。

ありがとうございました。


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                             掲載・文:小柳雅寛  写真:北川善隆
[PR]
# by rinri_center | 2011-01-20 18:49
次回 第266回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;1月20日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:㈱林農産 代表取締役社長
     林  浩陽 様
 テーマ:「食といのちの大切さを伝える」

*************************************

2011.1.13 第265回(第8条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
(有)wakonn 代表取締役
ライフコーディネータ&クリエーター
早川 由紀 様
テーマ:「金沢夢幻(かなざわむげん)-グラスのつぶやき-」

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_4415522.jpg

最近の注目の的、日本ハムの斉藤祐樹のお話。
球団寮の外でインタビューを受けるため、外に出るとき。
さりげなく玄関先で脱いだスリッパを整えて出てきた。
日頃の彼の人気の秘密は、そんな日頃の行いの積み重ねだと思います。
倫理法人会も実践が全てです。週に一回の整えが大事です。
これからもモーニングセミナーに参加しましょう。

【会員スピーチ】 新保 均 幹事
f0042690_4445955.jpg

鍼灸マッサージ会会長に、倫理法人会幹事職を引き受けた後就任しました。
就任した以上、倫理法人会の教えのように、日本一を目指します。
1月26日(木)19時より、ここ招龍亭にて、歴代3名の金沢市中央の会長による、
ナイトセミナーを開催します。日本一に輝いた元会長たちによる講話に参加しましょう。

【講話】 
本日の講話者は、清楚な和服姿で登壇の早川由紀様です。
f0042690_4585663.jpg

(有)WAKONN代表、金沢出身東京在住です。
レジメには『金沢夢幻』の文字。夢幻は無限に通じるそうです。
3つの「W」がキーワード。
東京での大学時代に、インターネットと出会います。
 まず最初の「W」(Web)です。
ウェブデザイナーとなった頃、アメリカのオーバス・ワン・ワイナリーでワインをいただく。
満足いくまで飲まれたとか。しかし『良いワイン』には『良い飲み方』があることを諭され、
”ワインの奥深さ”を知らずに、ただおいしいだけで飲んだことを反省。
ITからワインの世界にのめり込みます。
 これが二つ目の「W」(Wine)です。
2004年に独立され、「かなざわ・まち博」では、ワインを通じた仕事をしました。
金沢には本当の日本が残っていると思います。
誇れる伝統文化。着物(加賀友禅)を着ながら、食とワインを紹介しています。
黄綬褒章の熱田貴さん(日本ソムリエ協会名誉顧問)は、
ワインは人を結ぶ大事なものだと説きます。
ワインができるまでの背景、品種、そして会話には”深み”があります。
(例えば政治の話、目の色・髪の色の話、年齢の話などは御法度)
ワイングラスの「ステム」(脚)を持つと姿勢が良くなります。
前向きな会話、朗らかな会話でワインを楽しみたいですね。

日本の食と日本のワインを広めるため、活動には着物なのですが、
 これが三つ目の「W」(Wa)になります。
和装の推進をしていますが、着物は冬でも温かく、又夏でも涼しいんです。
ほかに、金沢の水引にも興味があり、作ってみたい。作るためには見る。
そして調べることになります。つまり”こだわり”です。
ワインにこだわるとチーズにもこだわります。

マナーやチーズを和で装いながら、人と人の和貢献される早川さん。
人と人をつなぐシステム。世界中の人たちとつながるには、フェイスブックを利用します。
 つまり元の「W」(Web)に戻ります。
「Web」 「Wine」 「Wa」   
「W」の三つ巴で活躍中の早川由紀さんでした。

ありがとうございました。


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                             掲載・文:金谷雅雄  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-01-19 04:28
次回 第265回経営者モーニングセミナーの御案内

 日 時;1月13日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:(有)wakonn 代表取締役
     ライフコーディネータ&クリエーター
     早川 由紀 様
 テーマ:「金沢夢幻(かなざわむげん)-グラスのつぶやき-」

*************************************

2011.1.6 第264回(第7条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
(有)ハセガワ 代表取締役
金沢市中央倫理法人会 会員
久保 浩子 様
テーマ:『華の勘違い 人生劇場』

【会長挨拶】 西川 寛 会長
f0042690_9553630.jpg

新年明けましておめでとうざいます。
昨年9月から金沢市中央倫理法人会の会場は、ここ「招龍亭」さんになりましたが、その招龍亭さんの魏社長からモーニングセミナーを行うようになって、この場所の波動が変わってきたと感謝のお言葉をいただきました。

【講話】
本日の講話者の久保浩子様は、金沢市の武蔵のほうで美容業を営まれています。ご主人は白山市倫理法人会の副専任幹事でもある久保昌克氏で、倫理法人会の会員スピーチの際にプロポーズ受けられたそうです。倫理法人会が元で結ばれたご夫婦と言うことで、倫理法人会に感謝の気持ちを述べられていました。
f0042690_9563795.jpg

久保浩子様は幾度も厳しい境遇に、わが身を置かれました。高校生のときフランスに留学され、卒業後は現地のトップサロンで6年間美容師の修行をされました。さすがにトップサロンだけあって、その修行は大変厳しいものでしたと、おっしゃっていました。その後、日本に帰国され、お父様の経営している美容室で日本での第一歩を踏み出されました。

久保様は今回の倫理法人会の講話依頼と同時期に、久保様の母校でもある北陸学院からも講話依頼を受けられました。その時、他に何人かの講師の方がいらっしゃったのですが、他の講師の方々は「社会というものは大変だ」という話をテーマにされていましたが、久保様は東京のあるビジネスセミナーで学んだこと、「消極的な方は損をする。遠慮していてはダメ」、「やった者勝ち」、「やり方は何万通りもある」などをテーマに話されたそうです。そんな家庭で育った久保様の娘さんは、遠慮なしに誰にでも積極的にかかわる子になったそうです。

今回の講話のテーマである「華の勘違い 人生劇場」は、久保様のブログのタイトルでもあります。そこにはすべてをチャンスと捉える、例えば「お店にお客様がいなければ」、それを「掃除するチャンス」として捉え、また「お店がヒマなとき」は「他のお店がどんな接客をしているか見に行くチャンス」、といった内容が綴られているそうです。久保様自身、実際にお客様として他の美容室を訪れ、どのような接客をしているのかなどを観察されているそうです。
「すべてを自分のこととして捉える。つまり他人の事として片付けるのではなく、自分だったらどうするか」、と言うことを常に考える癖をつけて欲しいと話されていました。
f0042690_9575687.jpg


また複数の問題が起こった時、大きな問題から片付けていくということを話されていました。小さな(楽な)問題から片付けると、残る問題はさらに難しい問題ばかりになり、常に高い壁があるように感じるからです。逆に先に大きな問題を片付ければ、あとは徐々に易しい問題が残り、気持ちが楽になります。
先程も話しましたが、久保様は幾度も厳しい境遇に、わが身を置いてこられました。三重県での嵐の中の100キロウォークを体験され、また倫理法人会の富士研究所では裸足で雪の中を歩いたり、気温マイナス6度の中で水をかぶられたりしてこられました。その甲斐があって、少々のことでは動じない根性が育ったと話されていました。このような経験があったからでしょうか、出産のときも思っていたほど大変ではなかったそうです。
最後に「恩」について話されました。
「自分が他人に与えた恩は忘れて、見返りを期待しないこと」
「但し他人方受けた恩は、忘れないように」
これらは社員の方に話されていることだそうです。
f0042690_958920.jpg

ありがとうございました。


セミナー入場無料! 

   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式) ドリンクのみ200円
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                             掲載・文:田中千博  写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2011-01-11 10:00
次回 第264回経営者モーニングセミナーの御案内

本年の金沢市中央倫理法人会経営者モーニングセミナーはすべて終了いたしました。
沢山のみなさまのご参加に心より感謝申し上げます。
次回開催は、年明けとなります。

 日 時;1月6日(木) 午前6:00~7:00
 場 所:和風中華 招龍亭
 講話者:(有)ハセガワ 代表取締役
     金沢市中央倫理法人会 会員
     久保 浩子 様
 テーマ:「華の勘違い 人生劇場」

****************************************************

2010.12.16 第263回(第6条)経営者モーニングセミナー

本日の講話者は、
     加賀味噌食品工業協同組合 理事長
     白山商工会議所 副会頭
     松本 耕作 様
 テーマ:「加賀みそ・石川県の味噌事情」

今日は特別モーニングセミナーの最終日。
みぞれが降る天候もものともせず沢山の参加者に会場は熱気にあふれました。

【会長挨拶】 西川 寛会長

f0042690_1801121.jpg

今朝は足元の悪い中、こんなに沢山の方にお集まり頂きありがとうございます。
12月特別モーニングセミナーとして、毎回たくさんのみなさまのご参加を頂き感謝します。
初めてモーニングセミナーに参加頂いた方も、ぜひしばらく継続して参加してみてください。
1月には、ナイトセミナーとして『日本一への道』と題して、歴代の金沢市中央の会長をお招きしてシンポジュウムを企画しております。
早朝は苦手といった方は、このナイトセミナーに参加お誘い頂き、倫理法人会活動のすばらしさをお伝えできたらと考えております。
本日の講話者の松本様とは、PTAでのつながりで経歴を聞くとびっくりするようなエリート
ですがとっても気さくな方ですと紹介されました。

【講話】
加賀味噌食品工業協業組合 理事長
白山商工会議所副会頭の、松本耕作様
f0042690_1812069.jpg

松本様は東大卒業後、銀行マンを経て、加賀味噌食品工業協業組合に入社されました。
加賀味噌食品工業協業組合は県内の味噌製造醸造業者10社により設立された組合です。
長期間熟成させる天然醸造の「加賀みそ」の伝統製法を守り運営されています。
また松本様は、石川県味噌工業協同組合理事長も兼務され、今年からはさらに、
白山商工会議所副会頭もされています。

今日の松本様の講話は「加賀みそ・石川県の味噌事情」というテーマでした。
味噌の種類、味噌の科学的なお話、味噌の機能、味噌の歴史、味噌の現状、
そして百年計画と、幅広く、深い内容の話を、パワーポイントを使って、わかりやすく、興味深くお話してくださいました。

また会場では、「加賀みそ・能登みそ」という、千年以上の歴史がある日本の
調味料のパンフレットが配布されました。
これにも、米味噌、麦味噌、豆味噌などの味噌の種類や、加賀みそは、長時間じっくり熟成させた味噌が多く、米こうじ多く使い濃厚で米の糖分が特徴などの解説が記載されていました。
能登みそは保存のため塩分が多く、溜まりをしょうゆの代わりに用いたこと、魚介類との相性がいいことなども記載されていました。

また、味噌は健康バランス食品で、味噌の原料成分に由来する健康に有効な成分とその効用が、大変わかりやすく表になっていました。(石川県味噌工業協同組合・発行)

松本様、ありがとうございました。

f0042690_181539.jpg

12月皆勤頂いた方に招龍亭さんの特選ランチご招待券がプレゼントされました。
『金沢ならではの中華を目指して、和と中の究極の融合』
大切な方と最高のランチタイムをお楽しみください。
招龍亭さまのご協力に感謝します。

それでは、少し早いですがよいお年をお過ごしください。
来年も皆さまのご来場をお待ちしています。

セミナー入場無料! 
   セミナー終了後、参加者交流の場として朝食を御用意しております。
   朝食500円(バイキング形式)
   お誘いの上、たくさんの参加お待ちしております。

                         掲載・文:藤下修 写真:赤土俊介
[PR]
# by rinri_center | 2010-12-18 18:07