人気ブログランキング |

金沢市中央倫理法人会


by rinri_center

2008.12.25日第166回(第12条)経営者モーニングセミナー

 次回 第167回(第13条)経営者モーニングセミナーの御案内
 平成21年1月8日(木) 講話者は ㈱トミショープラン 常務取締役
                ファイナンシャルプランナー
                  新田 陽子 様
                テーマは「新しい年のお金の考え方
                    ~キャッシュはセキュリティー」

今日も4時半起床。
いよいよ今年最後のモーニングセミナー、5時5分の役員朝礼も気合いが入る。
会場入り口にはクリスマスゲート、会場のレイアウトもいつもと違う。
受付にもサンタクロースの人形やリースが飾られて華やかな気分。

会長あいさつでは、飯山治郎会長が奥様から贈られた赤いネクタイを披露。
この一年を振り返り、来年をどう取り組もうかと思っていると言われた。
プロの条件とは、結果をだす事。
そのためには「フィードバック分析」が必要になります。
それは言い換えれば「常に自分を振り返る事」
自分が何をするのかを目標を決め、そして実行し、
どれだけ出来たかを振り返る。
それを繰り返す事によって自分が見えてくる。
来年はぜひ一年間の目標を立ててください、
そしてなりたいという願いをもって実行する事、
こうなりたいという期待を口にすること。
それがプロになるための条件です。

本日の講師はマジシャンのナカノ・マクレーン様
なんと19才の現役高校生でありながらプロのマジシャン。
独学でマジックを修行しつつ、あちこちでマジックを披露しています。
まずは手始めに自己紹介。
取り出した名刺が、ぼっと燃えて消えてしまう。
続いてカードのマジック。
飯山会長が引いたカードにサインをして、もとのカードに戻し、
さらに何度も切り直す。
その後、封をしたお茶のペットボトルを取り出してカードを放り投げる
と!
なんと、ペットボトルの中に、そのサインをしたカードが入っている。
見事なマジックに会場は大盛り上がり。
続いては観客から借りた1万円札。
これを小さく折って消してしまう。
その後、丸ごとのレモンの中からその一万円札が出現。
これも見事なマジック!
一万円札をめぐっての微妙なやりとりに会場は笑いに包まれました。

その後は講演。
若者の立場から、大人とのコミュニケーションの取り方についてアドバイス。
今の若者はコミュニケーション不足なんです。
実はさびしがりやで、会話して欲しいのに出来ない。
メールを送ったりと友達は多いのに、食事に行こうと誘う事もなかなか出来ない。
それは、断られるのが怖いからなんです。
拒絶される事が苦痛で、自分の人格が否定された気になってしまうのです。
「いい子」とは何でしょう?
勉強ができる、行儀がいい、親の言う事をちゃんと聞く・・・・
そう、いい事は親の言う事を聞く子供、親にとって実に都合のいい子供の事なんです。
でも、それが本当の子供の姿なんでしょうか?
「ふつう」って何でしょう?
平均的な子供、悪い事をしない子供、みんなと一緒なことをする子供・・・
これもまた社会が管理しやすい子供の事を差しているのではないでしょうか?
管理しやすい子供は、自分からは動きません。
自分で考えない、そしてじっと誰かが指示をくれるのを待つだけ。
そんな子が大人になったら、どうなるのでしょう?
社会が求める個性が豊かで、自ら進んで仕事をこなしてゆく大人になれるのでしょうか?

お願いです。
子供達に教えてあげてください。
子供はいつも親を見ています。親のする事を見て学び、親の真似をします。
子供を管理するのではなく、教えてあげてください。
どう生きるかを、どう生きて行くのかを。
それは難しいことではありません。
子供達といっしょに食事をし、話を聞いてあげ、そして一緒に体験する。
子供は親に認められる事が、いちばんの喜びなのです。
自分自身、親とのいさかいから距離を取ってこの道を選びました。
だからこそ思うのです。
マジックで生活を立てる事は難しいのです。
でも出会いによって人は変わる。
人が変われば、そのまわりの世界も変わります。
自分の世界が広がると、初めて見えてくるものがあるのです。

本日の参加者は81名、参加社数は79社でした。
by rinri_center | 2008-12-29 05:50